お洒落な寝室で1日の疲れをリセット!ホテル風ベッドルームの作り方

執筆者: 久保貴美 職業:インテリアコーディネーター
はじめに

こんにちは、インテリアコーディネーターの久保貴美です。

 

暑い季節は体力を消耗し、次の日に疲れも残りがちです。

そんな時は、ベッドルームを見直し、リラックス&エネルギーチャージができる空間にしてみてはいかがでしょう。

 

今回は、お洒落で快適なベッドルームの、コーディネートテクニックをご紹介します。

 

まずはレイアウトを見直してみよう!

リビングの家具のレイアウトはしっかり考えているのに、ベッドルームの家具は、何となくのレイアウトになっていませんか。

 

リビング同様、ベッドルームでも見せ場を意識したレイアウトが効果的です。

 

何となくのレイアウトの例

何となく、窓際にベッドとデスクを置き、空いた所にキャビネットを置いた例です。

 

 

見せ場を意識したレイアウト

これを、入口のドアを開けた時の目線を意識し、レイアウトし直してみます。

 

 

ベッドルームはベッドが主役

部屋に入った時、主役であるベッドのヘッド部分が見えた方が素敵です。

 

このヘッド部分と、その後ろの壁を見せ場にしてコーディネートすると、お洒落なベッドルームになります。

 

スタンドライトでさらに雰囲気アップ

レイアウト変更し直した後は、両サイドにナイトテーブルを置いてみましょう。

そして、上にスタンドライトを置けば、それだけでホテルのようなインテリアになります。

 

 

温かい色の照明を

リラックスしたインテリアにするためには、照明がとても大切です。

 

寝る前は、煌々とした照明ではなく、温かみのある色の照明で、体を睡眠モードにしてあげましょう。

そうすることにより、寝つきが良くなり、ぐっすりと休むことができます。

  

アクセントウォールでさらにお洒落度UP

もし可能であれば、壁の1面をアクセントウォールにすると、さらにお洒落な空間になります。

置くアイテム数の少ない、ベッドルームというプライベートな空間は、色の冒険がしやすいですね。

 

最近は、壁紙の上から簡単に塗れるペンキや、ノリ付きの壁紙などが簡単に手に入るので、挑戦しやすいですよ。

 

 

おわりに

リビングのインテリアは気合いを入れているけれど、ベッドルームはまだ手付かず。

そういった方も多いのではないでしょうか。

 

リビング同様、ベッドルームも素敵にコーディネートすることで、お家で過ごす時間がより楽しくなります。

そして、翌日の疲れの取れ方もきっと違うはずです。

 

ぜひ、ベッドルームの模様替えを楽しんで下さいね。

 コラムニスト情報
久保貴美
性別:女性  |   職業:インテリアコーディネーター

「もっと気軽にインテリアを楽しもう!」をモットーに、
フリーのインテリアコーディネーターとして活動しています。
企業に属していないのでメーカーにしばられず、ご希望やご予算に
合わせて、イケアなどのインテリアショップやネットショップなど
フレキシブルなご提案をさせていただいております。

「インテリアメールコンサル&コーディネート」ではメールでのやりとり
でもご提案しております。

プライベートでは2児の母として奮闘中!(6歳女の子&2歳男の子)

*ブログ・・・http://ameblo.jp/slowday/
*ホームページ・・・http://www.inspi.biz/


【経歴】
神戸市外国語大学在学中にイギリスに留学し、アート&デザインを学ぶ。

卒業後、家業の工務店を手伝いながら、「大阪ガスインテリアデザインスクール」にて、インテリアコーディネートの基礎知識を学ぶ。

ハウスメーカーで設計アシスタントをしながら、2001年にインテリアコーディネーター資格を取得。

その後、マンションの専属インテリアコーディネーターを経て、不動産会社に入社。個人邸やマンション・戸建モデルルームのコーディネート業務、インテリア関連の企画を担当する。

2009年11月、フリーのインテリアコーディネーターとなる。