ついカッとなってしまう、SNS炎上で後悔…「発言ダイアリー」作成のすすめ (1/2)

怒りやすく他人に厳しい言葉を言ってしまう。ツイッター炎上や、ネガティブなLINEやメールを送って後悔。自分の発言を振り返るダイアリーを習慣化しませんか?

執筆者: 七沢茶々
書き込みや発言する前に、冷静になる方法

「ツー」と言えば「カー」。

テンポの弾む会話は、心地いいものですよね。

とは言うものの、つい可愛さあまって気持ちが大爆発。
感情的になり、暴言吐いちゃった、なんてことはありませんか?

そうならないために、発言ダイアリーを作って活用しましょう。

 

 

「発言ダイアリー」活用のすすめ

SNSの普及はすっかり定着し、リアルコミュニケーションに引けをとらないほど、利用頻度の高い人も多いのではないでしょうか?

そんな中、リアルやSNSに関係なく、コミュニケーション障害で神経を疲労させている人が増えているようです。
SNSの場合は、短文であっても文字にすることで、形として残ってしまいますよね。

 

ぶつけたい気持ちを少しの間寝かせることで、冷静になれる!

そこでひと呼吸置き、少しの間ぶつけたい気持ちを寝かせてみてはどうかな、というのが発言ダイアリーの趣旨なのです。

性格や価値観、考え方などの尺度が、皆違うのは当然のこと。
強い気持ちや、つのる思いをアドリブでぶつける前に、調整する作業をワンクッション挟むのは、思った以上に効果的です。

 

言いたいことを文章にして、時間を置いて読んでみよう。

言いたいことをひとまず文章にして保留し、時間を置いて読んでみましょう。
「言わなくてよかった」と感じることが結構見つかり、驚きます。

 

 

発言ダイアリーのつけ方
書き出すのは、紙でなくても。

発言ダイアリーを作成するのは、スマホやPC、タブレットなど、自分が使う端末のメモ機能などで十分です。

 

タイトルをつけて保存するのがおすすめ

タイトルをつけて保存していれば見つけやすく、いつでも書き込みや編集も簡単にできます。

 

 

発言ダイアリーをつけるメリット
言いたいことを書き出すことで、気持ちの整理が可能

まずは誰かに言いたいこと、伝えたいことを念頭に置き、綴ってみてください。
とりあえず書き出すことで、第一段階として自分自身の気持ちが整理できます。

 

「ダラダラ続く、うざい長文」の予防にもなる

そして間柄の旬を逃さない程度にひと呼吸置き、推敲する活用方法により、だらけた「長文うざ」を防いでくれるのもメリットです。

いかに誠意を伝えつつ簡潔にまとめるかは、意思伝達の永遠のテーマかもしれませんね。
そしてこれは、リアルコミュニケーションにも当てはまることなのではないでしょうか。

 コラムニスト情報
七沢茶々
性別:女性  |  

公私ともに海外経験が豊富。旅とゴルフをこよなく愛す「とりあえず離陸型」で、向こう見ずなところも。好奇心旺盛で情に厚く、人を楽しませるのが大好きな性格です。座右の銘は「遊心忘るべからず」。よろしくお願いします。