月のうさぎ模様、海外では何に見える?13か国の見え方をまとめてみた。

日本では月の模様はうさぎの餅つきに見えますが、外国では?伝説、神話、民話をもとに世界各国の「月の見え方」を紹介。

執筆者: 七沢茶々
月のうさぎ模様は日本だけ?

月にはうさぎがいて、餅をついているという「月のうさぎ伝説」。
子どものころから、誰しも一度は耳にしたことがありますよね。


今回は月うさぎの見つけ方と、海外で月の模様がどんなものに例えられているのか、ご案内します。

 

月のうさぎ模様って結局は何?

月のうさぎが月面の模様であると、知らない人はいないですよね。
肉眼でも見えるとおり、月には白っぽい部分と黒っぽい部分があります。

 

月の海を見てみよう

白っぽいところはクレーターが多く、高地になっている場所。
黒っぽく見えているのは、すべて「月の海」と呼ばれる低地です。

 

かつて月に巨大な隕石がぶつかった際、地下から玄武岩質のマグマが噴出。
クレーターを埋めてしまったのだと考えられています。

 

うさぎはクレーターの跡

うさぎの正体は、「月の海」と呼ばれるクレーターだったのですね。
不思議なことに、黒い部分は地球側に集中していて、裏側にはほとんどありません。

一説によると、溶岩があまりに重いため、月の重心が地球の方向へ偏っているというのです。
それが本当なら、何ということでしょう!

どうやって見つけるの?

さて、では月のうさぎはどうやって見つければいいのでしょうか?

夕方、東の空の満月を見上げたら、月の左半分と下半分のあたりに黒い部分が見えます。

 

 

そう、この黒いクレーター部分こそが、うさぎのシルエット。
月の下半分を左右に分け、左側がうさぎ、右側の塊は臼に見立てられます。

うさぎが杵を手に持ち、臼に入った餅をついているという図です。

 

月の左半分の下側はうさぎの胴体部分、上の方の丸い部分が顔で、その上に耳が2本見えるはず。

 


満月のお月見では月光浴をしながら、童心に戻ってぜひ、月うさぎを探してみましょう。

 

海外では、月の模様はこう見える(らしい)

月表面の模様は、国や地域、国民性などにより、いろいろな見方をされてきました。

日本や中国、韓国などでは月にうさぎがいるとの言い伝えが存在。
月うさぎは広く浸透しているといえます。

そのほか世界各地で、月の模様はあらゆる見方をされています。

中国

『嫦娥(じょうが)』の伝説があるように、うさぎが月でついているのは餅ではなく、薬草。
また、大きなヒキガエルやカニに見立てることも。

韓国

日本同じように、うさぎの餅つきとして見ていたようです。

インド

有名な仏教説話『ジャータカ』がありますが、模様はワニだとしています。

インドネシア

編み物をする女性だとしています。

モンゴル

遊牧民であるモンゴルの人は、家畜を追う生活のためか、犬に見えたのですね。

ベトナム

まず左側を大きな木とイメージ。
そしてその下で休む男性だとしています。

アメリカ

横向きの女性やワニ、トカゲなど、地域や民族によっても異なる判断みたいですね。

カナダ

月の右側の下半分のあたり、日本では餅つきの臼に見える部分。
この部分をバケツに見立て、それを運ぼうとする少女だとしています。

中南米

中南米では生活にかかせない、ロバとして扱われました。

ヨーロッパ

大きなハサミを持つカニとしており、この見方は広い地域で見られるのだとか。

東ヨーロッパ

髪の長い女性や、横を向いた女性として受け止めます。

北欧

横向きに腰掛け、本を読むおばあさんとして見ていたそうです。

中東・アラビア地域

ライオンが吠えているところであったり、ライオンのしっぽに見立てたりするようです。

おわりに

こうして比べて見てみると、月の模様の見え方は、国民性や地域によりさまざま。

ただ、生活習慣による視力とも関係がなきにしもあらずな気もします。
視力4.0ほどあるというアフリカの人々には、果たして何に見えるのでしょうか?

 
 コラムニスト情報
七沢茶々
性別:女性  |  

公私ともに海外経験が豊富。旅とゴルフをこよなく愛す「とりあえず離陸型」で、向こう見ずなところも。好奇心旺盛で情に厚く、人を楽しませるのが大好きな性格です。座右の銘は「遊心忘るべからず」。よろしくお願いします。

 おすすめ新着コラム
     

     生活のコラム

     趣味のコラム