やっぱり婚約指輪が欲しい!鈍感な彼氏にペアリングをおねだりする方法 (1/2)

彼に婚約指輪をおねだりする方法とは?「やっぱりエンゲージリングがほしい」と言いにくい場合の参考に。鈍感な彼にさりげなくアピールするコツは?

執筆者: 飯田馨 職業:手作り指輪専門家、緋銅作家
彼に婚約指輪をおねだりする方法

こんにちは、手作り指輪専門家のリングプランナー飯田馨です。

 

結婚指輪と比べると、交際中のペアリングを身につけたり、プロポーズに婚約指輪をもらえたりする確率は少ないものです。

それでもやっぱり「ペアリングしたいなぁ」「婚約指輪もらいたかったなぁ」と、彼におねだりする方法を考えている女性も多いはず。

 

そこで、今回は「彼に婚約指輪をおねだりする方法」をご紹介します。

 

 

成功しやすい、おすすめの方法
〇『ある程度の期間をおいて、お互いの頃合いを見計う』

毎年、記念日は来ます。

タイミングが良ければ、サラッと嫌味なくストレートに伝えることができると思います。

〇『一緒に恋愛映画を観る』

例えば、映画のワンシーンでプロポーズシーンに婚約指輪が出てくれば、女性も男性も印象や記憶に残ります。

その映画が感動する素敵なものであれば、「自分も婚約指輪を贈ろう」と自然と意識してくれるはずです。

 

 

プロポーズのときにおねだりする場合の注意点
事前にさりげなくアピールしておくこと

プロポーズのときにタイミングを逃さずおねだりする人もいるでしょう。

その場合は、事前にさりげなくアピールしておくことをお勧めします。

 

そもそも「結婚指輪のほかに婚約指輪もいるの?2つ必要なの?」という疑問をもっている男性は多いです。

こういう男性は、2つの指輪の違いや意味を知らないのですから、当然と言えば当然かもしれません。

 

ですから、女性は自分の意思を男性に気づいてもらう必要があります。

「婚約する時は男性が女性に婚約指輪は贈るもの」、「女性は、婚約指輪を欲しいと思っているもの」ということをどうにかして知ってもらいましょう。

 

 

さりげない普段の会話の中で、彼にサラッと印象に残る伝え方ができればベストです。

雑誌の記事を紹介したり、デートのときに自分の夢・理想などをふと語ってみたりしてはいかがでしょうか。

 

逆に彼から、「やっぱり婚約指輪って欲しいものなの?」と聞かれたら、あなたの素直な気持ちを伝えましょう。

 

これはNG!友人がもらった指輪の話を引き合いに出す

友人のペアリング(婚約指輪)の話をしてねだるのは、NGです。

 

幸せを他人と比較してはいけない

「カップルなら皆ペアリングしてるから欲しい」「◯◯ちゃんの彼氏、ペアリング買ってくれたんだって」と言うのは、恋愛であればまだ良いとは思います。


ですが、「○○ちゃんが婚約してね。その時の婚約指輪が〇〇だって、すごくない?」と友人がプロポーズされたときの婚約指輪についてパートナーに話して、さり気なくねだってみる。
これは間違っています。

 

そもそも、他人の物をみて羨ましいと、他人と比較して満足の判断基準にしているようでは、先が思いやられます。これから結婚しても、夫婦の幸せが長く続くとは考えられません。

 
 コラムニスト情報
飯田馨
性別:男性  |   現在地:東京都台東区台東3-3-1 2F  |   職業:手作り指輪専門家、緋銅作家

初めまして。手作り指輪の専門家、飯田馨です!

東京都台東区台東にある工房でRINPLA(リンプラ)を営んでいます。
“自分で欲しいデザインを自分で手作りする”という自由な発想で「世界にたった一つの手作り指輪」を手に入れることができます。これまで、手作り指輪を体験された方が完成した指輪を見て本当に嬉しそうな姿や感謝の言葉を頂きました。

年々手作り指輪の認知が高まる傾向は、とても良い事だと私は考えています。
また、指輪を手作りする目的は、贈る方と贈られる方の絆を深める心願成就です。
そのために、誰もが「想い」を指輪に込められることができる技術をもった専門家が必要で、その技術を提供できることがこれからは手作りに求められると考えています。

これまで、手作り指輪の世界を手作りした方達と一緒に創造して成長してきました。
その創造の目的は、幸福の拡大です。そこには贈る方だけではなく、職人も含め関わる全ての人がその創造を実現していくことを目指します。

見せる指輪ではなく、語れる指輪
100年先も語り継がれる物語を指輪という途切れることのない永遠のカタチにします。

RINPLAは、感動と喜びを増やすを理念に、手作り指輪取扱説明書入門編を作りあげ、1組1組自由な発想で想いを込める手作り指輪の普及活動に取り組んでいます。
自分でコンセプトから制作まで行う手作りジュエリー工房リンプラ
HP:https://www.rinpla.jp/