「あれ嫌い」「それイヤ!」が多いワガママさんへ。結婚前に絶対行うべき価値観のすり合わせ方

結婚してから後悔して離婚しないためには、あらかじめ二人がお互いの価値観を理解し、すり合わせておくことが大切。価値観が合わないことを前提にして話し合うことで、より絆を深めることができます。

執筆者: 飯田馨 職業:手作り指輪専門家、緋銅作家
結婚前に!二人の価値観をすり合わせるための3つのポイント

こんにちは。自分たちで手作りする結婚指輪の専門家リングプランナー飯田馨です。


前回のコラム「「焦って結婚すると後悔する」はガチ!結婚適齢期に焦るのは「射幸心」の心理が働くせい」では、「日本で3組に1組の夫婦が離婚している現状」と「離婚しないために必要な5つのポイント」をご紹介しました。

おさらいしましょう。

 

(1)性格を理解してもらうこと
(2)家族が親しくなること
(3)親族や友人を知ること
(4)金銭感覚のすり合わせ
(5)価値観のすり合わせ

 

 特に(1)と(4)と(5)は結婚を前提に考えているカップルや、婚約中のカップルは、しっかりと押さえておきましょう。

今回は、価値観をすり合わせるための3つのポイントをご紹介します。

 

 

1. しっかりと話し合うための種まきをする

恋愛中はいろいろなことを見ず、愛情を優先しがちです。

一方、結婚は「生活」が主です。

 

行きたい場所や記念日やイベントの楽しみ方、金銭感覚、時間の使い方、両親や兄弟、親族との付き合い方、食事の好み、仕事や働き方など、それぞれに育ってきた環境があるので、何かしら違いはあります。

その違いについて「自分はこうだから、こうしていきたい」と話しを切り出しても上手くいくことばかりではありません。

 

ただ、話し合うことを心掛けていれば、相手が受け入れてくれたり、反対に自分が受け入れたり、納得できる妥協点を探りあう意識は芽生えます。

話し合う機会が増えることで、自然と事細かな価値観についても話し合う環境を作り出すことができます。

2. 育った環境が違うから価値観は違う

実際に、最初から価値観の合うカップルは稀にいますが、それは奇跡(運命)と言えると思います。

理想ですが、現実として価値観が合わないことを前提に認識することが無難だと思います。

 

もし、相手の価値観で嫌なところがあれば、その原因は育った環境のせいであって、相手の価値観をまずは理解しようとすることが大切です。

 

3. 合うところに目を向ける

性格の長所と短所と同じように、合うところに目を向けることは大切です。

合わないところの方が気になるかもしれませんが、これは非常に大切なことです。

 

この価値観が合うから一緒にいられる。

この価値観が合うから上手く付き合っていられる。

 

特に自分にとって大切にしている価値観であれば、そこを伸ばしながら、他の部分は少し時間を掛けるくらいの気持ちの余裕が作れるといいですよね。

おわりに

実は、結婚指輪選びも、価値観の違いを知って価値観のすり合わせをするのには絶好の機会だとご存知でしたか?
例えば、お二人から結婚指輪を選んだ理由をお伺いするだけでも、価値観の合う部分と合わない部分がある程度明確になります。

 

  • 手作りしたい or 既製品を購入したい
  • デザインは一緒がいい or お互い好きなデザインなら別々でもいい
  • なるべく安い方がいい or 一生大切にするものだからある程度高くても構わない など


ここでやってはいけないことは、相手の意見に流されてしまうことです。

 

2人で時間や労力をかけて取り組むこと。

話し合うこと。

価値観のすり合わせを心掛けること。

 

結婚のけじめを象徴する結婚指輪は、その後の結婚生活においても、大きな意味を持つと言えると思いますから、結婚の儀式と考えず、結婚指輪選びも真剣に考えて欲しいと思います。

 
 コラムニスト情報
飯田馨
性別:男性  |   現在地:東京都台東区台東3-3-1 2F  |   職業:手作り指輪専門家、緋銅作家

初めまして。手作り指輪の専門家、飯田馨です!

東京都台東区台東にある工房でRINPLA(リンプラ)を営んでいます。
“自分で欲しいデザインを自分で手作りする”という自由な発想で「世界にたった一つの手作り指輪」を手に入れることができます。これまで、手作り指輪を体験された方が完成した指輪を見て本当に嬉しそうな姿や感謝の言葉を頂きました。

年々手作り指輪の認知が高まる傾向は、とても良い事だと私は考えています。
また、指輪を手作りする目的は、贈る方と贈られる方の絆を深める心願成就です。
そのために、誰もが「想い」を指輪に込められることができる技術をもった専門家が必要で、その技術を提供できることがこれからは手作りに求められると考えています。

これまで、手作り指輪の世界を手作りした方達と一緒に創造して成長してきました。
その創造の目的は、幸福の拡大です。そこには贈る方だけではなく、職人も含め関わる全ての人がその創造を実現していくことを目指します。

見せる指輪ではなく、語れる指輪
100年先も語り継がれる物語を指輪という途切れることのない永遠のカタチにします。

RINPLAは、感動と喜びを増やすを理念に、手作り指輪取扱説明書入門編を作りあげ、1組1組自由な発想で想いを込める手作り指輪の普及活動に取り組んでいます。
自分でコンセプトから制作まで行う手作りジュエリー工房リンプラ
HP:https://www.rinpla.jp/

 

 結婚のコラム

 恋愛のコラム

 生活のコラム