結婚指輪の日付刻印は「入籍日 or 挙式日」?文字を入れない派もアリ

リングプランナーが解説!結婚指輪に日付を刻印するなら「入籍日」「挙式日」のどっち?先輩カップルたちの選んだ理由をご紹介します。素敵な考え方に触れることで、自分たちにとってベストな選択が自然と見つかることでしょう。

執筆者: 飯田馨 職業:手作り指輪専門家、緋銅作家
入籍日 or 挙式日?結婚指輪に日付を刻印するなら、どっち?

こんにちは。自由な発想で自分の想いを込める手作り指輪の専門家リングプランナーの飯田馨です。


結婚指輪のデザインが決まった後は、内側に入れる刻印を考えます。

多いのは、やはり日付です。

 

そこで浮かんでくるのが「入籍日にしようか、挙式日にしようか、どっちがいいの?」という疑問。

今回は、ふたりにとってベストの日付の選び方をご紹介します。

 

 

多数は「入籍日」を選択!「挙式日」を刻印するのは少数派

これは、当工房で結婚指輪を手作りされた方たちの統計結果となります。
ただ、入籍日と挙式日と言っても、昨今ではカップル事情はそれぞれ異なりますので、ここからはタイプ別にその理由をご紹介していきます。

 

1.「入籍日」を選んだケース

婚姻届けを役所に出し、社会的に夫婦として一緒の名字を名乗れるようになった記念日ということで、入籍日を選ぶ人が多いです。

 

また、結婚式が未定だったり、結婚式を挙げない夫婦にとっては、入籍日が結婚の記念日となります。
それに、多数の方は、結婚式はあくまで儀式という意味合いと捉え、「結婚記念日」と言われると、入籍日の方がしっくりとするという意見でした。

2.「挙式日」を選んだケース

「挙式日」を選刻印したケースは、入籍日も挙式日も、毎年両方祝いたい夫婦に多く見られました。

また、「入籍日よりは、挙式日の方が忘れてしまいそうだから…笑」という堅実な意見もありました。

 

そのほか、家族・親戚・友だちなどに祝福され、周りから認めてもらった感動的な式の日を、結婚記念日として刻みたいという意見もありました。

 

3.「入籍日」と「挙式日」が同じケースも

記念日はひとつにまとめたいと願う夫婦にとっては、刻印の日付もこの日以外考えられませんね。

 

4. 日付は入れない。その理由が素敵だった!

「入籍日」も「挙式日」も、どちらも入れないという選択もあります。


1~3は、刻印には「結婚の記念日を忘れずに毎年お祝いしたい」という想いも込められていますが、こちらは、結婚したふたりにとって「毎日が記念日」という意見です。

「日々を積み重ねるごとに、ふたりの絆が深まる記念日を増やしていく」という考え方は素敵ですね。

結婚指輪の日付刻印はエピソードをこめて

選んだ理由には、それぞれに素敵な考え方やエピソードがたくさんありました。

 

結婚指輪をふたりで手作りするのも、指輪の記念日が欲しいとのご意見もあるように、「結婚を実感するときは?」という質問に対して、結婚指輪を身につけた時という回答があります。


イニシャル、日時、メッセージ、記号、イラスト、動物、家紋など、刻印の内容に正解も不正解もありません。

ですから、定型文などで安易に済ませずに、二人でよく話し合って、自分たちを象徴するような刻印選びをして頂ければ、さらに結婚指輪は、ふたりの人生の節目にある大切なアイテムとなることでしょう。

 
 コラムニスト情報
飯田馨
性別:男性  |   現在地:東京都台東区台東3-3-1 2F  |   職業:手作り指輪専門家、緋銅作家

初めまして。手作り指輪の専門家、飯田馨です!

東京都台東区台東にある工房でRINPLA(リンプラ)を営んでいます。
“自分で欲しいデザインを自分で手作りする”という自由な発想で「世界にたった一つの手作り指輪」を手に入れることができます。これまで、手作り指輪を体験された方が完成した指輪を見て本当に嬉しそうな姿や感謝の言葉を頂きました。

年々手作り指輪の認知が高まる傾向は、とても良い事だと私は考えています。
また、指輪を手作りする目的は、贈る方と贈られる方の絆を深める心願成就です。
そのために、誰もが「想い」を指輪に込められることができる技術をもった専門家が必要で、その技術を提供できることがこれからは手作りに求められると考えています。

これまで、手作り指輪の世界を手作りした方達と一緒に創造して成長してきました。
その創造の目的は、幸福の拡大です。そこには贈る方だけではなく、職人も含め関わる全ての人がその創造を実現していくことを目指します。

見せる指輪ではなく、語れる指輪
100年先も語り継がれる物語を指輪という途切れることのない永遠のカタチにします。

RINPLAは、感動と喜びを増やすを理念に、手作り指輪取扱説明書入門編を作りあげ、1組1組自由な発想で想いを込める手作り指輪の普及活動に取り組んでいます。
自分でコンセプトから制作まで行う手作りジュエリー工房リンプラ
HP:https://www.rinpla.jp/