風で涼感UP!爽やかさを演出する夏のインテリアのポイント

夏のお部屋を快適に!涼感がアップするインテリアのポイントを紹介。お金や手間をかけずに、ちょっとした工夫で、風を感じる爽やかなお部屋を実現。エアコンに頼りすぎず、自然の風を生かしてみませんか? 間仕切りの役割も果たすオシャレなのれん、おススメです!

執筆者: 林 通子 職業:インテリアコーディネーター
「風」で爽やかを演出するインテリアのポイント

こんにちは、インテリアコーディネーターの林通子です。

 

梅雨に入り、蒸し暑い日が続きますね。

こんな時期はおうちでもできる限り、涼しく快適に過ごしたいもの。

 

ただ、エアコンの使い過ぎは、冷え性になったり頭痛がしたりと、体調を崩しやすくなります。

なるべくエアコンに頼らず、自然の風を生かした暮らしを心がけてみませんか。

 

今回は、お部屋の涼感アップにつながるインテリアのポイントをご紹介します。

コストや手間をかけずに、ちょっとした工夫で、風を感じる爽やかなお部屋を実現しましょう。

 

 

Point1. 「風の通り道」をつくる

まず意識したいのは「風通し」です。

 

人は風を感じると、体感温度が下がると言われています。

それをうまく利用するために、風の通り道をつくりましょう。

 

窓を開けて、風の流れをつくる

窓を全開にして風を取り込むことはなかなか難しくても、少しでも開けられる扉や窓があれば、そこを風の入口と出口として、風の流れを作ります。

扇風機やサーキュレーターなどを使い、入口からの風を補助すると、効果がグンと上がります。

 

窓を開けることが難しい場合は?

また、雨で窓を開け放すことが難しいときは、換気扇やファンを使用して部屋の中の空気を循環させ、風をつくりましょう。

このように空気が動くだけでも、ムッとしたような熱気は解消されます。

 

 Point2. 「のれん」で涼しさを演出

間仕切りの役目を果たしながら、風の流れを止めることがない「のれん」は、暑い時期にはぴったり。

風にふわっと揺れる感じや風が抜けていく様子は、目にも涼しく感じられます。

 

のれんと言えば、以前は和風や古めかしいイメージがありましたが、最近ではモダンなテキスタイル調のもの、洒落た遊び心のあるものもたくさん見られます。

 

「清涼感」を感じる素材を選ぶ

これから夏に向けては、爽やかさを感じる素材を選んで建具の代わりに使ってみましょう。

 

  • 少し透け感のある薄手の生地
  • シャリっとした麻素材
  • ストリングスカーテン(コードスクリーン、ひものれん) など

 

SunnyDayFabric 2重のれん パウダーカラー グリーン リボン

 

 

SunnyDayFabric のれん ウッディ 北欧 ホワイト

 

 

ふんわりやわらか ナチュラルおしゃれな2重のれん ブラウン

 

突っ張り棒を利用すれば、取り付けも簡単!

突っ張り棒を利用すると、レールを取り付ける必要もなく簡単ですね。

 

コードスクリーン  ホワイト

 

エアコンに頼りすぎずに、夏を快適に過ごそう!

エアコンで適温に調整されたお部屋は確かに涼しく、多くの人が利用するショップやオフィスなどには向いていますね。

ですが、心身ともに寛ぎの時間を過ごすプライベートなお部屋は、自然の風が通り、風を感じることができる、涼やかで心地よい空間に変えてみましょう。

 

梅雨が明けると、まさに真夏到来!

暑くなる時期に向けて、ぜひ一度お試しください。 

 
 コラムニスト情報
林 通子
性別:女性  |   職業:インテリアコーディネーター

京都・滋賀を中心に稼働中のインテリアコーディネーターです。日々の暮らしを愉しみ、心地よく過ごす・・・そんな空間創りをお手伝いさせていただきます。
ホームページ:interior design LaBlanche (https://www.lablanche.net)

 

 生活のコラム