ドローインは時代遅れってウソだった!?効果的な方法もご紹介!

“時代遅れ”と言われ始めているドローイン。今回は、そもそもドローインって一体どんなトレーニングなの?という基礎から、ドローインが時代遅れと言われてしまっている理由をお伝えします。

執筆者: Latte

 

皆さんは「ドローイン」というトレーニング方法を知っていますか?体幹トレーニングとして一時期流行ったので、「聞いたことがある!」または、「挑戦したことがある!」という方もいらっしゃるかもしれませんね^^

そんなドローインですが、ここ数年で新しいトレーニングが広まったこともあり、“時代遅れ”と言われ始めているんです・・・

今回は、そもそもドローインって一体どんなトレーニングなの?という基礎から、ドローインが時代遅れと言われてしまっている理由をお伝えします。

更に、ドローインの正しいやり方もご紹介しますので、ドローインが時代遅れじゃないことを知れるだけでなく、早く試してみたくなること間違いなしです!ぜひ最後までご覧くださいね♪

 

時代遅れっていわれてるけど、そもそもドローインって何?


ドローインとは、お腹を凹ませたり膨らませたりする動きで、インナーマッスルを鍛える体幹トレーニングのことです。

いわゆる“腹筋運動”では、アウターマッスルと言われる“浅い位置”にある筋肉しか鍛えることができないので、「シックスパック」のように腹筋を割ったりするのには効果があるんですが、ぽっこりお腹を凹ませたり、くびれを作るには効果が足りないんですよね。。。

なので、ぽっこりお腹を引っ込めて、きゅっとくびれたウエストを作りたいなら、腹筋運動よりもドローインがオススメなんです◎

 

ドローインって本当に時代遅れなの?


では何故ドローインが時代遅れと言われ始めたのか・・・?それには3つの理由があります。

1.肝心な「呼吸」を忘れている
ドローインで1番大切なのは呼吸法です。ドローインの呼吸は、お腹を凹ませたまま呼吸をすることによって、お腹周辺の腹横筋に負荷をかけるトレーニングなので、単純にお腹を凹ませるだけでは効果が出ません。

効果が出ないと、ドローインには意味がないと思ってしまう=時代遅れという方程式ができてしまうんですね。。。

この後、正しい呼吸法もお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

2.正しくお腹が凹んでいない
これには「え!?こんなに凹ませてるのに!?」と、驚いちゃいますよね。「呼吸を忘れている」でも少し触れましたが、ドローインは、ただ単にお腹を凹ませればいい、というものではないんです。

腹横筋にしっかり圧力をかけるのが重要なので、自分自身でも「圧力がかかってる!」と感じるくらい、負荷をかけたうえで、呼吸をするのがポイントとなってきます。

このポイントを意識すると「い・意外とキツイ・・・」となるのがドローインです。

もし今までドローインをやってみて、「楽だけど効果が出ない!やっぱり時代遅れなんじゃないの?」と思った方は、上手に圧力をかけられていなかったのかもしれません。

この後お伝えする正しい呼吸法も意識して、しっかりお腹を凹ませられれば、きっと効果が目に見えるようになりますよ◎

3.ドローインを行う時間帯を間違えていた
これは知らなかった方も多いのではないでしょうか?ドローインは、時間帯や場所を選ばずどこでもできるというメリットがあります。

ですが、効果が出なくなってしまう時間帯が1つだけあるんです。

それが食事の後。食事の後はお腹が膨れてしまっているので、お腹周りの筋肉も動かしづらい状態になっています。そんな時にお腹周辺の筋肉を動かそうとしても、動かしづらく、負荷をかけるための呼吸も苦しくなってしまいますよね。

なので、食事後のドローインは効果が薄まってしまうので、こちらも、ドローインには意味がないと思ってしまう=時代遅れという方程式が成り立ってしまうんですね。

時代遅れじゃない!効果的なドローインのやり方


ここからは、時代遅れなんて言わせない!ドローインを効果的に行うポイントを2つご紹介します!

1.ドローインを行う姿勢

ドローインを行う姿勢としては、大きく分けると4つあります!

  • 仰向けに寝る
  • 立つ
  • 座る
  • 四つん這いになる


どの姿勢で行っても効果は変わらないとされているので、自分がやりやすい方法を選んでみてくださいね^^

ただし、どの姿勢でもリラックスして行うのが重要になってきます!下手に力が入ってしまうと、筋肉を痛めてしまう原因にもなりますからね。

初めてドローインをやってみる!という方は、仰向けに寝た状態で行うのが、感覚も掴みやすいのでオススメです♪

2.ドローインの呼吸法

“ドローインって時代遅れなの?”でも触れた呼吸法についてもご紹介します!この呼吸法はどの姿勢で行う場合でも変わりませんので、ご安心くださいね◎

1. まず、普段の呼吸よりもゆっくり、3秒くらいかけて、鼻から息を吸います。お腹を膨らませる「腹式呼吸」のイメージで息を吸うのがポイントです!

2.息を吸い終わったら、7秒くらいかけて、少しずつ口から息を吐いていきます。お腹に圧力をかけ、ぐーと凹ませながら息を吐くのがポイントです!

3.息を吐ききって、お腹がぺたんこになったら、そのお腹の状態のまま、10〜30秒キープしましょう。
 ※この時、無理のないように、自分の体調と相談しながら秒数を決めてくださいね


ここでのポイントは息は止めず、ゆっくり呼吸を続けること!胸を膨らませるイメージで、鼻から吸って、口から吐くのを意識してみてくださいね。

10〜30秒経ったら、ゆっくり息を吸いながらお腹を元の状態に戻します。

この1~3の流れで1セットとなります!最初は1セットからでもOK◎

慣れてきたら回数を増やしてみてくださいね^^

時代遅れじゃない!ドローインを行うメリット


時代遅れじゃないと言っても、他にもトレーニング方法はあるし、わざわざドローインを選ぶメリットってあるの?と思われた方もいるかもしれませんね。

ここではドローインを行うメリットを4つご紹介します!

いつでもどこでもできる!

歯磨きをしながら、信号が変わるまで、電車の中で、デスクワーク中に、レジ待ちの間に、お風呂の中で、テレビを見ながら、朝起きた時や寝る時などベッドの中で。

このように、ドローインは自分の体さえあればできるので、場所を選ばず、どこでも行うことができます◎

ジムに行ったりする必要もないので、お金が無い学生さんでも、お仕事でなかなか時間が取れない方も、家事や子育てに追われている方でも、隙間時間にカンタンに行うことができちゃいますよ♪

姿勢がよくなる

深くしっかりと呼吸をするので、自然と胸が開き、猫背が解消されます。また、腹横筋を鍛えることで、体の軸をしっかりと支えられるようになるのも、姿勢がよくなる理由とされています◎

姿勢が良くなると腰痛予防にもなるのでオススメですよ!

基礎代謝が上がる

年齢を重ねるごとに落ちていってしまう基礎代謝。。。

ですが、ドローインを行うことで筋力量がアップするので、基礎代謝も上げることができちゃいます^^

基礎代謝が上がると脂肪も燃えやすくなるので、嬉しいこと尽くめですよね!

ぽっこりお腹が解消できる

ドローインの1番のメリットですね!ぽっこりお腹が解消され、くびれもできる。憧れの体型を手に入れることができちゃいます◎

 

まとめ:正しいドローインを知って、時代遅れじゃない証明をしよう!


いかかでしたか?正しいドローインを知ると、時代遅れだなんて言えなくなっちゃいますよね!ドローインは、ダイエットにいいだけでなく、姿勢が良くなったり、基礎代謝が上がったりと、健康面でも効果を発揮するのが嬉しいところです◎

ぜひ皆さんも“正しいドローイン”を身に着けて、健康的な体を手に入れてくださいね^^