子宮筋腫を大きくしないための対策 子宮筋腫に効く食事や漢方を紹介

執筆者: colonna
はじめに

子宮筋腫は、徐々に大きくなるタイプと大きさが変わらず経過する場合とに分かれます。


筋腫が巨大にならないようにするために何かできることは・・?と悩んでいる人のために子宮筋腫について色々まとめてみました。

 

 

子宮筋腫の予兆・症状
子宮筋腫の予兆

大きくなるまで症状が出にくい場合があります。あまりにも筋腫が大きくなるとお腹にしこりのようなものを感じるようになります。ここまで放置してしまうと、筋腫もかなり大きくなってしまっていると想定されます。

 

分かりやすい予兆としては、生理中の出血の様子です。これまでの生理時の出血は普通だったのに急激にレバーのような血の塊が出るようになって慌てて異変に気が付くことが多いです。そして生理中以外の時にも不正出血などを繰り返すようになり、自覚症状として感じるようになります。 

 

子宮筋腫が大きくなった時の症状

筋腫が大きくなってしまうと、子宮の周りの臓器を押してしまいます。つまり臓器を圧迫してしまうことで不具合が生じてきます。

 

出血が生理時に多いというだけではさほど気にならないのですが、血の塊のようなものが出始めると徐々に日常生活にも支障が出始めます。

知らず知らずに出血量が多いことで貧血状態になってしまいます。

 

すると、疲れやすくなったり立ちくらみがしたりと非常に不健康な状態になります。腰が重だるい日があったり下枝にも違和感を感じるようになります。

 

妊娠を考えている人にとっては、子宮筋腫があることで妊娠しずらい体になってしまいます。これは筋腫が大きくなると受精卵が通る卵管が異常に狭くなってしまうことなどが理由になります。

 

子宮筋腫の予防
子宮筋腫に良いと食べ物

子宮筋腫と食べ物の関係というのは、実は密接に関係しあっています。肉類中心といった食事習慣や油分の多いものを沢山好んで食べるというような食生活がホルモンのバランスを乱すからです。

 

あいにく、何を食べたからといって筋腫を治すというようなことは認められていません。しかしながら、女性のホルモンの中でもエストロゲンというホルモンが子宮筋腫に大きく作用していることが有名です。そこでエストロゲンの作用を抑えるという意味でも、食物繊維の多く含まれている食物を選ぶとよいでしょう。

 

食物繊維の効能としては、子宮筋腫に影響を与えるエストロゲンを体の外へ排除するように働く効果がある食べ物が良いでしょう。海草やセロリなどが代表的な食物になります。体の血の巡りをよくするために、冷たいものを多く食べないようにすることも大事なことです。貧血状態の人にとっては鉄分の多い牛乳やビタミンCを積極的に摂取することも重要です。 

 

子宮筋腫と漢方薬

子宮筋腫によく使われる漢方薬は「桂枝茯苓丸」です。女性には特有の体の冷えという症状を訴える人が多いです。そもそも下半身の血流が悪いことで、レバーの塊のような出血状態に陥る場合も多いからです。血流を改善させる目的でも「桂枝茯苓丸」は比較的ポピュラーな漢方薬です。

 

記事の情報内容については、特定の商品やサービス、方法などの効能効果や完全性、正確性を保証するものではございません。

適切な治療のためには医療機関での診察・治療を受けましょう。

 
 

 健康・医療のコラム