[眼科検査技師が解説] 緑内障の種類・原因・失明確率を下げる治療方法

緑内障の種類、原因(先天的・後天的)、治療方法(目薬・手術)などを解説します。緑内障は、適切な対処法を行えば失明しない確率も高い病気です。

執筆者: 中根 千恵 職業:眼科検査技師/サービス介助士/食育インストラクター/メイクセラピスト/Webライター、コラムニスト
緑内障について(種類・原因・治療方法・自覚症状など)

こんにちは、眼科検査技師の中根千恵です。

 

前編では緑内障のメカニズムについて述べましたが、聞き慣れない眼科の医学用語がたくさんあったかと思います。

筆者自身、眼科検査技師として医療に従事してきましたが、「これほど誤解の多い眼疾患はないのでは?」と思うほど、緑内障に関する情報が錯綜しているのが現状です。

 

そこで前編に引き続き、医学的根拠に基づきつつ、分かりやすく皆様に「緑内障の正しい事実」をお伝えしたいと思います。

後編では、緑内障の種類や目薬、手術等についてお話をします。

 

 

代表的な緑内障の種類3つ
正常眼圧緑内障

眼圧は正常範囲内ですが、個人の目の形成によって「この目に、この眼圧は高すぎる」ために、網膜に負担がかかります。

ですので、眼圧が正常でも、乳頭陥凹拡大比率を医師が診れば、まずこの正常眼圧緑内障を疑います。

原発開放隅角緑内障

「眼圧」の説明文で触れましたが、繊維柱帯にある穴が細くなり、眼圧が上昇する緑内障です。

 

正常眼圧緑内障も、この原発開放隅角緑内障も、自覚症状がほぼありません。

片頭痛や頭が重いと感じる程度なので、市販の鎮痛剤で治したり放置したりしがちです。

 

ですが、「何だか視野が欠けて見える所がある?」と気付いたときには、既にほぼ末期です。

原発閉塞隅角緑内障

慢性と急性の2種類があります。

「慢性」は時々眼圧が上がり、自覚症状としては、目がかすんだり、電灯のまわりに虹がかかったように見えたりする(虹視症)程度です。

「急性」は、眼圧がいきなり急上昇する「緑内障発作」を起こす可能性があります。

この病名診断を受けた方で、急な眼痛、頭痛、吐き気、見え方がおかしいなどの症状が出たら、すぐ眼科を受診してください。

 

夜中などは迷わず救急車を呼んでください。

これは、「高眼圧症」「浅前房」「狭隅角」と眼科で診断された方も同じです。

発作後、早急(48時間以内)に眼圧を下げる点滴などの処置をしなければ、重篤な後遺症が残ります。

 

緑内障は「遺伝」?
生まれ持った「目のタチ」としか現代医学では言えない

眼科学会では、「必ずしも遺伝ではないが、遺伝子が要因の1つである可能性は否定できない」としています。

 

後天的な原因で発症することも

「先天的に生まれ持った目のタチ」から発症する以外に、ステロイドを使用することで起こる「ステロイド緑内障」はステロイドさえ中止すれば治ります。

また、「外傷性緑内障」は、眼球を強打したことで、繊維柱帯の機能が低下して起こります。

 

他にも様々な緑内障があります。

緑内障の分類は本当に多いのです。

 

緑内障の治療とは
目薬

「目薬」(点眼薬)は、眼圧を下げるために使用します。

様々な種類がありますが、肝心なことは、用途・用量を守り「毎日欠かさず使用し続ける」ことです。


発病後、視野欠損は、5年先、10年先に徐々に起こります。
未来の自分の視界のため「一生、目薬を使用する」と、心得てください。

 

緑内障の目薬を使う場合の注意事項

目薬の種類によっては、目のまわりが黒ずんだり(色素沈着)、睫毛が伸びることがあります。

点眼後は、目のまわりを拭き取るなどして、対処しましょう。

 

また、喘息の方には、禁忌の緑内障点眼薬があります。

持病等は、必ず眼科医師へ自己申告してください。

 

手術

目薬で眼圧が下がらない場合、緊急の場合などに、手術が適応となります。

レーザーで虹彩(茶目)に穴をあけ、房水の流れを良くします。

 

目に直接メスを入れて切開する手術法などもあります。

根本的に緑内障や高眼圧症を治すものではなく、房水の流れをよくする事で眼圧上昇を抑えるための処置です。

 

 

いきなり失明するの? 徐々に視野が欠けるの?
緑内障はゆっくり進行する

緑内障を放置すると、数年単位で少しずつ視野欠損が始まります。


つまり、いきなり視界が真っ暗になるのではなく、部分的に少しずつ感度が低くなり、薄ぼんやりしてきます。
そのまま放置すると、やがてそこはポッカリ黒い穴が空いたようになっていきます。


その部位がどんどん広がるまで更に放置し続けていると、最終的には視野のほぼ全てが欠損します。

自覚症状のない緑内障、どうやって「発見」すればいいの?
眼科で定期的に健診を受けて、早期発見を!

1年前は問題なかったのに、今年の健診で引っかかったという方は大勢います。

そして、緑内障発症時期には個人差があり、早い方ですと10~20代で発見されます。

 

すぐに適切な処置を開始すれば、失明せずに済む。

緑内障の初期は、視野欠損は全くありません。

初期から点眼薬など適切な処置を開始すれば、その後の人生80年生きても、視野が欠けることは、ほぼありません。
中期、末期に発見された場合でも、そこからすぐに適切な処置を開始すれば、視野欠損の広がりを抑制することが出来ます。

 

ですが、1度失った視野を戻すことは、現代医学では不可能です。

 

おわりに

会社の健康診断、人間ドッグ、地区町村の眼科健診で「視神経乳頭陥凹拡大の疑い」と診断されたら、眼科を受診して精密検査を行いましょう。

「生まれ持った目のタチ」は治すことも、発症を防ぐ方法も、現在は存在しません。
大切なことは、目の定期的な健診で「早期発見」をする事です。

 

完全治癒は不可能でも、進行を抑制することはできる!

かつて、緑内障は「目の寿命が尽きるのが先か、命が尽きるのが先か」と言われていました。

 

緑内障の種類によって様々ですが、完全治癒は不可能です。
ですが、現代医学で「進行を抑制すること」は出来ます。

人生の最後まで、綺麗な風景、そして愛する家族を見続けていたいのならば、眼科の定期健診は最低でも1年に1回は行ってください。

 

そして現在、緑内障を治療中の方は、主治医の指示を必ず守ってくださいね。

 
 コラムニスト情報
中根 千恵
性別:女性  |   現在地:東京都  |   職業:眼科検査技師/サービス介助士/食育インストラクター/メイクセラピスト/Webライター、コラムニスト

様々な資格・経験・知識を活かしてWebライター、コラムニストをしております。
購読して頂いた方々へ、ほんの少しでもお役に立てる内容を提供できる書き手で在りたいと思っております。
宜しくお願い致します。

【資格】
・眼科検査技師
・サービス介助士
・食育インストラクター
・メイクセラピスト

【他社Webサイト記事一例】
◆http://gippy.jp/writer/18

◆https://myreco.me/u/17462553567280758789

◆http://purelamo.com/author/chie

◆http://beauty.yahoo.co.jp/search?q=中根千恵

◆http://wooris.jp/?s=中根千恵&submit=検索

◆http://googirl.jp/entame-2/160515power001/

◆http://bimens.com/author/chie

◆http://woman.excite.co.jp/article/中根千恵/

【Facebook】
https://m.facebook.com/anank.chi?ref=bookmarks

 

 健康・医療のコラム