嘔吐・吐き気を抑える「即効性ツボ位置」5選!乗り物酔いにも効果的

吐き気を催したときに押したいツボを紹介。ストレスや体調不良、乗り物酔いなどが原因で、吐いてはいけない場所で突然もどしそうになったときに押してみてください。

執筆者: 高野絵梨香
突然の吐き気、対処法は?

体調によって、突然吐き気を催すことがあります。

例えば普段は平気だった食事、乗り物、電車内など。

 

吐いてしまえば楽なのですが、乗り物に乗っているなどシチュエーションによって吐けない場合も多くあります。

そのような時には「ツボ」で何とか吐き気を抑えてみましょう。

 

 

関衝(かんしょう)

 

薬指の爪の付け根にあります。

左右どちらでも構いませんが、どちらかに特に痛みを感じる場合、そちらを重点的に押していきましょう。

 

内関(ないかん)

 

手首の付け根から指三本分置いた場所にある、真ん中のツボです。

ストレスや緊張から来る吐き気にも効果的です。

 

労宮(ろうきゅう)

 

手のひらの中央にある、くぼみです。

食欲不振や吐き気に効果的で、「の」の字を書くようにゆっくり押すと良いでしょう。

 

合谷(ごうこく)

 

最強と言われるツボの1つ。

吐き気だけでなく頭痛や腹痛、胃腸の調子が悪い時にも押してみましょう。

 

大敦(たいとん)

 

足の親指の爪脇にあるツボ。

乗り物酔いや二日酔いに効果を発揮します。

 

また、めまいや地震酔いの時に押すのも良いと言われています。

 

 

おわりに

ストレスや体調不良から吐き気を催した時は、ぜひ試してみてください。

押しながら上を向いて呼吸を整え、深呼吸を行うなどすると、さらに効果的です。

 

押すときに息を吐き、押す力を緩めるときは息も緩めましょう。

 
 

 生活のコラム

 健康・医療のコラム