痛いとマズイかも!手のひらのツボ位置5選

肩こりやイライラ、胃腸などに効く手のひらのツボ位置を紹介します。労宮、魚際、頸頂点、健理三針区、大陵のツボ位置を押してみてください!

執筆者: 高野絵梨香 職業:ライター
いつでも出来るツボ押し、痛いかどうか試してみてください!

仕事に家事と、毎日忙しなく動いている手。

たまに疲れた時に押してみると、とてつもなく痛い部分はありませんか?

 

手のひらは足裏と同様、沢山のツボ、反射区(末梢神経があるところ)が集まっています。

押してみて全身に響くような重い痛みを感じた場合、そのツボが表している部位に問題があるかもしれません。

 

最近疲れやすいと感じている人は、ぜひ手のひらのツボを押してセルフチェックしてみましょう。

 

 

イライラ、精神的に不安定なときは痛い?
労宮(ろうきゅう)

 

ストレスが溜まっている時や、ホルモンバランスの乱れ、精神的に不安定な時に押すと、鈍痛を感じやすいようです。

 

この労宮を押すことで、ストレスにより悪くなっていた血流を改善し、身体の緊張をほどくと言われています。

 

デスクワークの人は痛いかも。
魚際(ぎょさい)

 

親指側の骨際、筋肉が少し盛りあがったところにあります。

手の使い過ぎ、首や肩こりが激しい人は特に硬くなっており、押すと痛むようです。

 

肩や首がガチガチに凝っている人は痛いかも。
頸頂点(けいちょうてん)

 

人差し指と中指の付け根、骨の間にあります。

姿勢が悪い人、デスクワークなどで首や肩周りが凝っている人にお勧めです。

 

肝臓が弱り気味、お酒好きの人は注意。
健理三針区(けんりさんしんく)

 

真ん中より下の、左右筋肉の間にあります。

肝臓を始めとした胃や腸の動きを活性化し、消化を促進します。

 

二日酔いや胃腸が弱っている時に効果的です。

 

腱鞘炎、ストレスが溜まっている人は痛い!
大陵(だいりょう)

 

手首の中央に位置します。

ここを押すとビクッと跳ねるように痛い方は、デスクワークなどで腱鞘炎気味かもしれません。

 

また、神経を落ち着かせる、不眠解消にも期待できます。

 

痛いとマズイ、手のひらのツボ位置でした

今回は手のひらの有名なツボ「合谷(親指と人差し指の骨が合流するくぼみ)」はご紹介しませんでしたが、特に調子が悪いと感じた時は、「合谷」を中心にこれらのツボを押してみてくださいね。

 コラムニスト情報
高野絵梨香
職業:ライター
 おすすめ新着コラム

     生活のコラム

     健康・医療のコラム