失明の原因第1位「緑内障」!緑内障のメカニズムQ&Aを専門家が解説。 (1/2)

失明の原因第1位「緑内障」。ですが、早期治療を続ければ失明しないことも。「眼圧」や「視神経乳頭陥凹拡大」など、緑内障のメカニズムを学びましょう。

執筆者: 中根 千恵 職業:眼科検査技師/サービス介助士/食育インストラクター/メイクセラピスト/Webライター、コラムニスト
現代の失明原因第1位!「緑内障」

こんにちは、眼科検査技師の中根千恵です。

 

日本眼科学会で発表されている失明の原因を見てみると、第1位は「緑内障」、第2位は「糖尿病網膜症」、第3位は「網膜色素変性」です。


筆者自身、眼科検査技師として医療に従事してきましたが、「これほど誤解の多い眼疾患はないのでは?」と思うほど、緑内障に関する情報が錯綜しているのが現状です。

「緑内障になったら絶対に失明する」わけではない。

全てを一括りにして「緑内障」といってしまい、緑内障になると失明するといった誤解から、不安を煽るような情報がインターネットで飛び交っていることは残念です。

「緑内障になったら絶対に失明する」という事は、一概には言えません。

 

医学的専門用語は聞き慣れず、難しく感じると思いますが、医学的根拠に基づきつつ、わかりやすく説明していきましょう。

 

 

緑内障の判断基準

1:「眼圧」

2:「視神経乳頭陥凹拡大」

3:「前房・隅角の浅さ」

4:「繊維柱帯」の孔(穴)の大きさ

5: 進行具合は定期的な「視野検査」で判断

 

以下、詳しく説明していきます。

 

「眼圧」が高い人は要注意!

緑内障では、眼圧(がんあつ)の上昇がその病因の一つと言われています。

眼圧の正常範囲の上限は21mmHgで、およその目安になります。

 

眼圧とは?

目には「前房」(ぜんぼう)という部位がありますが、ここには「房水(ぼうすい)」という涙に似た液体が溜まっています。

この房水が巡回することで、ほぼ一定の圧力が眼内に発生し、眼球の丸みは一定に保たれます。

この圧力のことを「眼圧」と呼びます。

水風船を想像してみてください。

水を入れすぎると、破裂してしまいますよね?

眼圧が高くなると、網膜が損傷

眼圧が高くなると、目の奥にある、物を見るのに大切な網膜が損傷しはじめます。

「網膜」を損傷することで、視野欠損します。

 

「繊維柱帯」の穴の大きさが細くなっても、眼圧が上昇

また、前房の隅には「繊維柱帯(せんいちゅうたい)」という部位があります。

ここには無数の小さい穴があり、その穴が細くなったりすると、房水の流れをせき止めることでも、網膜に負担がかかり、眼圧が上昇します。

 

生まれつき緑内障になりやすい眼のかたちの人も

生まれ持って前房が浅く形成されている、「浅前房(せんぜんぼう)」と「狭隅角(きょうぐうかく)」。

これらも房水の流れが悪くなり、眼圧上昇の可能性が高くなります。

 

「レーシックをしたら眼圧が下がる→緑内障にならない」は間違い

レーシック手術をしている方は、角膜の厚みが測定値に影響するため、眼圧値が低く測定されます。
これは、数値上の話ですので、緑内障にならないということにはなりません。

そもそもレーシック手術前には、必ず眼疾患の有無を検査します。

 

眼圧が高い場合、「高眼圧症」の疑いも

眼圧が高い場合「緑内障」または「高眼圧症」を疑います。

 

ですが、1~2回程度の眼圧検査では、緑内障なのか高眼圧症なのかは判断できません。

なぜなら、眼圧には日内変動があり、夜間~朝が1番眼圧が高くなるためです。

 

また、検査の際に緊張すると、眼圧数値が高くなることもあります。

 コラムニスト情報
中根 千恵
性別:女性  |   現在地:東京都  |   職業:眼科検査技師/サービス介助士/食育インストラクター/メイクセラピスト/Webライター、コラムニスト

様々な資格・経験・知識を活かしてWebライター、コラムニストをしております。
購読して頂いた方々へ、ほんの少しでもお役に立てる内容を提供できる書き手で在りたいと思っております。
宜しくお願い致します。

【資格】
・眼科検査技師
・サービス介助士
・食育インストラクター
・メイクセラピスト

【他社Webサイト記事一例】
◆http://gippy.jp/writer/18

◆https://myreco.me/u/17462553567280758789

◆http://purelamo.com/author/chie

◆http://beauty.yahoo.co.jp/search?q=中根千恵

◆http://wooris.jp/?s=中根千恵&submit=検索

◆http://googirl.jp/entame-2/160515power001/

◆http://bimens.com/author/chie

◆http://woman.excite.co.jp/article/中根千恵/

【Facebook】
https://m.facebook.com/anank.chi?ref=bookmarks