薬は使わない!子供のひどい咳をスーッと緩和させる方法

子供や赤ちゃんの風邪などで、ひどく長引く咳を緩和させる方法をご紹介。薬の副作用が気になる人におすすめの、止まらない咳の和らげ方。

執筆者: 桜井 涼 職業:メンタルケア心理士、コラムニスト
子どもの咳を緩和させる方法

こんにちは、 メンタルケア心理士の桜井 涼です。

 

お子さんが咳をし始めると、すごく心配になりますよね。

軽い咳からゴホゴホ咳まで、種類も様々あり、苦しそうにすればするほど、楽にしてあげたくなります。

 

今回は、こういった咳を緩和させる方法をご紹介します。

 

 

咳が出るのには、意味がある!

そもそも、咳が出るのはなぜでしょう。

 

異物を体外に出すため

咳は、喉にある異物を体外へ排出しようとするための、体の自然な反応です。

 

冷たい空気や、煙などを吸ったときにも、咳が出ますよね。

吸い込んだものを外に排出させるために、咳が出るのです。

 

 咳は、無理に止めようとせず、緩和させるのがベスト!

風邪などで咳がひどくなってきている場合、無理に止めようとすれば、喉で起きている炎症を鎮めることは難しくなります。

 

咳で苦しんでいる我が子を見たら、何かしてあげたくなるのが親ですから、咳を緩和させる方法を使うのが一番だと考えます。

薬を使うと副作用などの心配がありますが、緩和の方法だと安心して行えます。

 

 

咳を緩和させる方法

病院にすぐに駆け込めない、すでに受診をして薬も飲んでいるがおさまらない。

こんな時は、次のような方法を試してみましょう。

 

体の上体を起こす

上体を起こすことで、咳の原因となっている異物が、喉の奥側に下がっていきます。

そうなると、自然と咳がおさまります。

 

寝かせている場合は、クッションや枕などを背面へ入れて、上体を起こすようにしてあげます。

 

 

乳幼児の場合は、布団に寝かせるよりも、体を起こし背中をさすれるような形の抱き方をします。

親と一緒にいることで、安心をさせることもできますし、上体も起こせます。

 

さらに背中をさすってあげることができますので、一番いい方法です。

 

 

高湿度の中で背中をさする

「湿度を上げる方法」は、病院やメディアなどでよく紹介されていますので、ほとんどの方が「咳が出るときは加湿!」と知っていることでしょう。

 

今回の方法は、高湿度を起こす方法です。

そのため、お風呂場で行います。

 

 

お風呂場へ行き、シャワーでお湯を出しましょう。

しばらくすると、蒸気が立ちます。

 

その中でお子さんを抱っこなどして背中をさすってあげれば、かなりの割合で咳を緩和させてあげることが可能です。

 

 

痰と鼻水を出す+水分を飲ませる

咳が出るということは、異物を攻撃したために出てくる、痰や鼻水の存在があるはずです。

これを体外へ排出させることが必要です。

 

痰は、小さいお子さんでも出すことができるでしょうが、鼻をかむことができないお子さんの場合は、吸って出してあげます。

出した後は、喉の渇きがありますから、すぐに少量の水分を与えます。

 

 

1時間の間に数回繰り返します。

多ければ多いほど、異物を体外へ出し水分補給ができるので、咳を緩和させることに繋がります。

おわりに

咳が出る理由が分かれば、咳で苦しんでいる子どもを少しでも楽にすることができます。

ただし、病院で診てもらうことを第一としてください。

 

自宅での看病は、受診あってのものなのです。

 コラムニスト情報
桜井 涼
性別:女性  |   職業:メンタルケア心理士、コラムニスト

元学習塾講師。妊娠出産のハプニングを乗り越え、現在は2児の母。
その頃より子どもの心の動きや医療に関係することに興味を持つ。

2009年より文筆家として活動。
子どもの心に関するコラム、子どもの心が正常に育つために夫婦へのアドバイス、子どもの病気関係を取材しコラムを執筆中。
心の闇を抱える子どもへの取材や心理学を学び、2016年「メンタルケア心理士」資格を取得。

ブログ『フリーライター桜井涼のたなごころ』
http://ameblo.jp/miehime0617/