効果的な出産前後の骨盤ケアの方法 出産で開いた骨盤を正しく戻すには?

執筆者: colonna
はじめに

最近、骨盤ケアが健康、ダイエットに深く関係しているという話題をテレビや雑誌でよく目にします。特に、妊婦さんや産後のママにとって、骨盤ケアをするかしないかで今後の生活や体型を左右するといっても過言ではありません。

ここでは、産前産後の骨盤ケアに関する基礎知識を紹介します。

 

 

産前の骨盤ケア

出産前後の腰痛に悩まされる妊婦さんはとても多いです。その原因の一つは、開いた骨盤です。

妊娠すると、体は赤ちゃんの通り道をつくるため、女性ホルモンを分泌させ、骨盤の関節をつないでいる靭帯を緩ませ、骨盤を開いてきます。背骨など体を支える骨盤が緩んでくると、姿勢を保つために周りの筋肉が酷使されるのです。

 

昔から妊婦さんの悩みの一つに腰痛はありましたが、妊婦さん以外の女性みも骨盤ケアが以前より重要視されているのは、歩かなくなった現代人の骨盤周りの筋肉が弱くなってきて、骨盤が歪んでいる人が多いからでしょう。そんな骨盤の歪みを持った人が妊娠すると、腰痛を重症化させてしまうのです。

 

また、妊婦さんにとって辛いつわりも、ゆがんだ骨盤が原因の一つだという説もあります。ねじれた骨盤のせいで、体の老廃物を排出することが滞り、吐くことで歪みを改善しようとしているのです。また、吐くことで骨盤を刺激し、歪みを治そうとしていることもあるそうです。

 

ゆがみを矯正する体操や、骨盤を支えるベルトなど様々なグッズが出ているので、ぜひ少しでも体が楽になるように試してみるのもいいかもしれません。

 

産後の骨盤ケア

骨盤は、開いたり閉じたりするものですが、最大に開くときは出産のときです。この開いた骨盤を、閉じるのは産後6カ月までが効果的とされています。この時期に、上手にリセットしてあげると出産前よりも体調がよくなったり、体のサイズが細くなることがあるのです。産後のダイエットは、たぷたぷのお腹や贅肉に目がいきがちですが、体の土台である骨盤を矯正しなければうまくいきませんし、子育て中の腰痛などのマイナートラブルを引き起こすことになるのです。

 

さいごに

開いた骨盤を正しい位置に戻すには、専門家に施術してもらうのが一番ですが、家でもできるストレッチや骨盤矯正ベルトなどでも効果が期待できるので、育児の合間に少しずつ継続することが大切です。 

 

産後はボディーコントロールの絶好の機会です。乳児と一緒の生活は一番忙しい時期ですが、今後健康的な体を維持するためにも、無理せず体調など様子を見ながら自分の体と向き合ってみましょう。

 

 

 
 

 妊娠・出産のコラム