「台湾」千と千尋の神隠しの舞台・九份のアクセスやおすすめの時間帯

執筆者: Sayuri.I
はじめに

 ジブリ映画「千と千尋の神隠し」で、お父さんとお母さんが食べ物を無断で食べ、豚になってしまうというあの強烈なシーン。

そのモデルとなった町が、台湾九份(きゅうふん)に存在しました。
ノスタルジックな街並みは歩くだけでも楽しめる場所です。

 

 

 

軒を連ねる商店街

2~3メートルという狭い道幅に、お土産屋や飲食店などが立ち並んでいる「基山街」。

ここでは焼きまんじゅうやタピオカジュースなど、台湾ならではの食べ歩きができます。

 

石畳の道が続き、まるで映画の世界に踏み込んだような景色。
作りこまれたようなレトロな街を、提灯の明かりを頼りに頂上へ。
てっぺんから見下ろす景色は、九份の街並みを一望でき開放感に溢れています。

 

 

私が訪れた時間は夕方過ぎだったため、街の街灯がよく光って見えました。

 

階段が多いので歩きやすい靴がおすすめ

 

観光にベストな時間帯

日が暮れて提灯に明かりが灯される夕方(季節によって時間が異なる)。

あまり遅くなりすぎると商店街が店を閉めてしまうので、18時までには訪れたい場所。


 

アクセス

台北からMRT(地下鉄)に乗り「忠孝復興駅前」下車

1番出口バスターミナル
九份行き 「舊道(旧道)」バス停下車
バス:平日10~30分間隔、土・休日15~20分間隔

 

最後に

ここならではの土産品もゲットできるので、買い物にもマスト。

ここにしかない街並みをたくさん写真におさめてみては?

 



 

※掲載している情報は、記事執筆時点のものです。

 
 コラムニスト情報
Sayuri.I
性別:女性  |  
 

 旅行のコラム