ダイエットが長続きしない理由

執筆者: たきっち

ダイエットを試みたものの、続かなかった人というのは結構多いのではないでしょうか?

 

みんな痩せようと思って始めるのに、どうして諦めてしまうのか。

 

今回はその根本的な部分にフォーカスしてみようと思います。

 

食事制限が辛くて続かなかった

 

ダイエットの方法として、多くの人がまず最初に思いつくことが、食事の量を減らしたり、間食をまったくしないなどといった、食事制限ではないでしょうか?

 

自分が普段消費するカロリーよりも少ない量を摂取していれば、必然的に体重は減るわけですから、これは理にかなった方法ではあります。

 

しかしながら、このやり方で困るのは、我慢という精神的苦痛を伴うことです。

 

ダイエットをし始めた頃はモチベーションも高いので我慢できるのですが、人間の心はそんなに強くないのかもしれませんね。

 

なかなか結果が出なかった

ダイエットを行うことで、毎日順調に体重が減っていくのならば、モチベーションも高く続けることができるのですが、残念ながらなかなか思い通りに体重が減らないために諦めてしまう人が結構多いようです。

 

せっかく我慢して辛い食事制限や運動を続けているのに、思い通りに体重が減らないのは確かに辛いですよね。

 

継続していけば少しずつ効果が上がるのですが、これもやはりモチベーションの持続が難しいようです。

 

目標が高すぎた

ダイエットをするときに、どれくらい痩せたいかを考えると思いますが、その目標があまりに高すぎたが故に、理想の自分の体型になかなか近づくことが出来ずに、断念するケースもあります。

ダイエットをするときには、今の自分を客観的に見つめて、どれだけ頑張ればどのくらい痩せることができるのか。

 

簡単に達成できる目標を立てても意味はありませんが、あまりに理想を高く掲げすぎると、先が見えずに諦めてしまう原因にもなりかねません。

 

ダイエットをするときには、できるだけ明確な目標を立てて、そのために必要なプランを明確に立てるようにした方がよさそうです。

 

体調を崩してしまった

 

このパターンは、本人は頑張っていたものの、無理がたたって断念させられるケースです。

 

辛いことに耐えたことで、見事に体重を減らしたものの、無理な食事制限などを行うことで肉体的に負担がかかり、医者から止められてしまうこともあるようです。

 

人によっては拒食症などに陥ってしまい、最悪の場合は命を落とす可能性もあります。

 

痩せるために努力をすることは良いことですが、健康第一という気持ちを忘れないようにしましょう。

 

一緒に頑張る仲間がいなかった

ダイエットを試みる人のほとんどが、自分の意思で行うものなので、仲間を募るというようなことは、あまりしないものだとは思います。

 

しかしながら、誰にも言わず孤軍奮闘しているだけでは、これもまたモチベーションの維持が難しくなってしまうようです。

 

仲間がいると、ダイエット中にどのような方法をしているかを共有しあったりすることで、ダイエットそのものを楽しむことができたり、仲間に見られているという意識が高まるので、意外にもこれがダイエットを続けるモチベーションになることがあるようです。

 

自分を客観的に判断し、明確な目標を立てて仲間と共有しあうこと。

これがダイエットに最適なモチベーションを保つ方法なのかもしれません。

 

 

 
 

 美容のコラム

  このコラムに関するタグ