都内の「横丁」探訪スポット -昭和レトロ・ノスタルジーを求めて-

執筆者: ジャック・ポイ Film

街の新陳代謝が早い東京は、新しい建物やお店で溢れています。


同時に、昔から残る風情を感じる場所は次々に建て替えられ、無くなり、少なくなっています。
生活の臭い、そこに降り積もった時間、その分だけ形成された人々の営みある場所…。

歳を重ねてこそ滲み出る哀愁然り、長い歴史で形作られ燻されたその片隅には、若年には真似出来ないディープなムードが漂っています。

 

そんな昭和レトロ・ノスタルジー感じる場所を紹介しようと思います。

 

「街の文化遺産」横丁

今回は都内各地に点在する、昭和の残り香「横丁」を紹介します。

 

横丁と呼ばれる場所は、戦後の闇市、露天商が集まり形成された「街の文化遺産」と呼べます。

敷居が高いと思われがちですが、お散歩するだけならタダ!

最近では若い人がお店を引っ張り敷居もグッと下がっています。

 

昼間の静けさも良いですが、夜のネオンの美しさ怪しさは異次元への入り口です。

怪しくも懐かしい雰囲気に浸るも良し、好みのお店を探すのも良し。

そんな横丁へふらりと迷い込んでみませんか?

渋谷:のんべい横丁

JR山手線渋谷駅の沿線の土手には、柳の木が揺れ提灯が怪しく誘う、風情ある通りがあります。

一歩横道へ逸れたならば、古くから残り個性溢れる30の飲屋がひしめき合っています。

 

 

どのお店も屋台サイズで、他人と肩を寄せ飲むのも乙なもの。

近くにあるスクランブル交差点の喧噪が嘘のように静まる様は、渋谷の片隅に残る昭和の時空へトリップした気分に浸れます。

 

 

新宿:思い出横丁

新宿西口、人が横丁なる異次元へ初めて足を踏み入れるきっかけとなるのは、ここではないでしょうか。

 

 

駅前の高層ビル群が乱立する中、昭和のかがり火を留めるようにして寄せ集まった80もの飲屋街。

別名しょんべん横丁。焼き鳥、モツ煮の香りが鼻を突っつき、通り抜けだけでは勿体無いくらい。

 

小さな商店街の様な親しみ易さで、店主にちょいと声を掛けられたならば、思い出話に花が咲く事でしょう。

 

 

吉祥寺:ハーモニカ横丁

夜の帳が下りる頃、吉祥寺駅北口へ降り立つと、橙色の回廊が口を開けて待っています。


 

横丁を若者に向け発信する新進気鋭のネオ横丁は、飲み屋・BARだけでなく、ギャラリー・雑貨屋・カフェもあり、古さの中に新しさも併せ持っています。

 

その入りやすさとアクセスの良さは随一。

若い女性で溢れるその光景は、横丁を時代の忘れ物とせず、新世代へと渡す心意気が伝わってきます。

 

 

赤羽:OK横丁

東京の北に広がる下町の横丁は、レトロな商店街に並行する様にして20軒ほどの飲屋が連なっています。

新店の多さと敷居の低さで庶民の憩いの場として愛されています。


 

下町風情と共にこの横丁で飲めば、“OK”の由来が理解出来るかもしれません。


 

京成立石:呑んべ横丁

北口を降り細い路地を辿ると見える、野太い看板ゲートが目印です。

昼間から聞こえる陽気な歌声が徐々に大きく響き渡り、木造とトタンのアーケードが突如右手に現れます。


 

お店独自のルールは優しい常連さんが教えてくれます。

東京スカイツリーからも程近い、東京の新旧を近隣で体験出来る本物の昭和ノスタルジーがここにはあります。


 

三軒茶屋:三角地帯

キャロットタワーのおひざ元には昭和ノスタルジーな飲み屋街が迷宮のごとく広がります。



世田谷通りと246号線の間に出来た昭和の孤島は通称“三角地帯”と呼ばれ、三番街・ゆうらく通りと路地が境目なく迷宮を作り出し、抜け出す頃にはすっかりほろ酔いになるでしょう。


 

大井町:東小路と平和小路

京浜東北線の大井町駅東口の近くには、百メートルに及ぶ長屋の飲食店街が2本並行して連なっています。

居酒屋だけでなく、ラーメンに中華料理、洋食店などもあります。



お店の狭間にある小さな十字路をいくつも抜けると平和小路が現れて、畳み掛ける様に路地の深部へ迷い込む事ができます。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

迷宮の路地、ネオンが壁に滲み込み、配管や蒸気がむき出しに放たれたその景観…。

規則性の無い建物、看板に描かれた面白味ある店名、お店独自のルール、絶品の料理など、訪れる程スルメの様に味わえる横丁。

 

再開発の荒波で消えゆく場所もあります。

そうなる前に、そうならないためにも興味を持たれたら是非出かけてみてください。

そしてお気に入りのお店が出来たら是非通ってみて、横丁の雰囲気を味わってみて下さい。

 
 コラムニスト情報
ジャック・ポイ Film
性別:男性  |   現在地:東京  |  

古いもの、廃れゆくもの、怪しい場所、錆や鉄の建造物が好きです。それらの写真をモチーフに異国都市を制作したりノスタルジックな場所を探訪しています。路地裏・工場・横丁・廃墟・純喫茶・昭和レトロ・カフェー建築などなど。
私のブログでも紹介しています  http://ameblo.jp/eigazukinosyuukatu/

 おすすめ新着コラム
     

     旅行のコラム

     写真・カメラのコラム