100均造花を使った手作り花冠!乙女度をアップさせるヘアアクセサリーの簡単な作り方

執筆者: colonna
はじめに

ウエディングドレスと一緒につけているイメージが強い花冠。

今、ヘアアクセとしても人気沸騰中なのです。

 

つけるだけで女の子らしく華やかになれる花冠ですが、実は自分でも簡単に作ることができます。

 

 

用意するもの
  • 造花 100円ショップなどで安く手に入ります。
  • ワイヤー 太いものと細いものがあると好ましいです。
  • フローラルテープ 葉っぱを入れる場合は緑色のものを選ぶのがおすすめです。
 

用意するものはたったのこれだけです。お金もあまりかからないし、経済的ですね。

ではさっそく作り方に入ります。

 

準備

最初に軸を作ります。太い方の針金を、頭の形に合わせて輪にします。

出来たら、テープを巻きつけます。これで軸の完成です。

 

 

パーツ作り
  1. まず造花を1本ずつに分けます。葉っぱなどがある場合はそれも花と分けます。1本咲きなどの茎が付いているタイプのものは、茎から切ってください。
  2. 次に、茎の部分に穴を開け、細い方のワイヤーを通します。
  3. 通したワイヤーを半分に折り曲げます。どちらか片方を茎ともう一方に巻きつけます。葉っぱも同じ要領で、ワイヤーを半分の位置で90度に折り、茎の部分に片方を沿わせて、もう片方を巻きつけます。
  4. 出来上がったものにテープを巻きつけます。テープは粘着力が出るので伸ばしながら巻きつけるのがポイントです。

 

 

これで下準備が完了です。

 

作成方法

下準備が終わったら、いよいよ作成に入ります。

 

  1. まず、出来上がった1本1本の花のバランスを見ながら仮配置をし、巻きつける位置を決めます。大きな花は一点に集めた方がバランスがよくなるのでおすすめです。
  2. あとは、順番に花を軸のワイヤーに巻きつけていくだけ。

 

以上で完成です。とっても簡単ですよね。

 

もし面倒な場合は、茎部分がハリガネになっている造花を購入し、軸が見えない程度にキツキツで巻き付けていくと、手っ取り早く完成します。

 

 

ロマンティックな花冠のコーディネート

花冠の可愛い合わせ方をご紹介します。

 

ホワイトワンピースで清楚に

 

ホワイトの花冠に同じく愛らしいホワイトのワンピースを合わせた、とても清楚でガーリーなコーデです。まるで妖精みたいですね。

 

 

大きめの花で大胆に

 

大きな花がインパクト大。無造作に付けるとカントリーに仕上がります。

その分、お洋服はシンプルなものがよさそう。

 

 

日本人にも似合う小花の花冠 

 

大きな花の冠は小顔効果もありますが、一方で花の主張が強すぎると浮いてしまいがちです。

日本人の顔立ちには小花の冠が馴染みやすくてお勧めです。

 

メイクや服も合わせる 

 

インパクトのある花冠には、負けないようにメイクやファッションも抜かりなく合わせるのが重要です。

 

お洋服も花柄を

お洋服も淡いひらひらの素材と、襟元から袖口にかけてのお花模様がまるで妖精のよう。

ロマンティック派にはたまらない組み合わせです。

 

  

さいごに

いかがでしたでしょうか。

 

材料も簡単に手に入るものなので、お金や手間をかけずに簡単に作ることができると思います。

本当は花冠用ではないインテリア用品だけれど、輪にして頭に被せると…なんてロマンティック!

面倒な時はいっそ華奢なリースをアレンジしてしまうのも手ですね。

 

お店のものですとやはり整い過ぎていて、お洋服に合わせるには少し気恥ずかしさもあります。

手作りですとナチュラルに決まりますので、自分に似合うとっておきの花冠を作ってみて下さいね。