乗降客ほぼゼロ…秘境駅の非日常な魅力に迫る! -北海道小幌駅と東追分駅の探検レポ- (1/2)

秘境駅体験レポート!北海道小幌駅と東追分駅を旅する。人がいない無人駅は、廃墟巡りやマイナー観光地に飽きた人にもおすすめです。

執筆者: 秘境通のなべ
秘境駅レポート!北海道小幌駅・東追分駅を旅する

全国に8000以上あると言われる鉄道駅(地下鉄、モノレール除)の中で、最近注目を浴びているのが秘境駅です。

利用者が殆どいなく、近くに民家もない、ナゼこんな場所にと思うほど、そこには不思議ワールドが広がっています。


最近はTVや雑誌などでも特集され、ご存じの方も多いと思います。

今回は、自身在住の北海道から、鉄道好きの間でキングオブ秘境駅とも言われる小幌駅と、普通の秘境駅を体験談と共に紹介します。

 

 

時刻表にも載っていない小幌駅

まずは下調べにと、最寄駅で入手したJR北海道のポケット時刻表(無料)で、室蘭本線をチェックしますが、小幌駅が載ってません。

利用者があまりに少ないためカットされているようで、この時点で相当マニアックな存在だと分かりますね。

やむなくネット検索をして、1つ手前の礼文駅から列車に乗り込みます。

探訪したのは8月上旬で、乗客は私一人だけ、列車内はお年寄りの方が数人だけのいわゆるローカル線。

やがて山間の長く暗いトンネルを抜けると、そこが小幌駅でした。

 

 

小幌駅を降りた風景は…

降客も私一人のみ。

列車を見送ると、そこは本当の山奥で、隔絶された陸の孤島でした。


両側をトンネルで挟まれ、わずか50m位の開けた空間に、プラットホームと駅名票があるのみです。

三方はブッシュが茂る急傾斜地で、背後は崖下に海が見えます。

次元が違い過ぎると思う程でした。

 

携帯はもちろん圏外で、はるか上の国道を走る車が米粒に見え、森に置き去りにされたような感覚で、逃げ場が無い、孤独感と圧迫感に襲われます。


駅まで道は無く、車や徒歩では到達困難です。

これがキングオブ秘境駅といわれる所以です。
これを圏外孤独とも言うらしいのですが、あながち冗談では済まない駅です。

 

 

待合室も何もなく、乗り損なうと野宿!

廃屋が2棟建っているようですがカギが、閉められ入れません。

そう、待合室は無いのです。


どうやら、人が下りることを想定していない様子。

列車は上りが5本と下りが3本ありますが、乗り損なったり(運休も含む)帰路時間を考慮しないと、野宿決定です。

付近にはマムシも生息していますので、下調べはお忘れなく。

 

駅から30分の場所に洞窟と鳥居がある

今回は時間もあるので、名所の洞窟遺跡を探検してみましょう。

 


待合室は無いのに、何故か立派な案内看板があるのはあります。

それはさておき、看板を頼りに山道を30分程下りると、入り江の様な海岸に出られます。

 

 

その脇に洞窟と鳥居があり、観音様が祀られていました。

 


周囲は崖に阻まれたジャングル地帯、果たして無事に帰れるのか?
休憩後、帰路に着くとマムシを発見しました。

こんな山奥で咬まれたら、誰も助けてくれません。

 

次の列車まで1時間以上待つしかなく、洒落になりません。
画像の何処かにマムシが隠れています。

見つけられない方は咬まれてしまいます。

 

 

 
 コラムニスト情報
秘境通のなべ
性別:男性  |  

北海道を中心に、地底の鍾乳洞から山奥に眠る滝や秘湯、遺構(炭鉱、鉱山跡)など誰もが行けない秘境を探検する、あくなきチャレンジャー。
気力、体力、技術に大事なのは時の運、単独行は危険です決してマネはしないでください。

 おすすめ新着コラム
     

     旅行のコラム