好きな具材を自分でカスタム!アメリカの人気ハンバーガーショップ「The Counter」、魅惑の食べ方を紹介

執筆者: bell
はじめに

アメリカの代表的な食べ物と言えば「ハンバーガー」を思い浮かべる方が多いと思います。
ハンバーガーはファストフードのイメージがありますが、自分の好みで組み合わせて、オリジナルのバーガーを作ることが出来るお店があります。


そのようなお店はいくつかありますが、今回は私が何回も足を運んでいる「The Counter」を紹介したいと思います。 

 

The Counterとは

The Counterは、カリフォルニア州を中心に展開しているお店です。
カリフォルニア州に20店舗以上、その他全米各地に10店舗ほどあります。 

 

 

オーダーの仕方

席に着いたら、メニューにオーダー用紙が添えられてあるので、鉛筆でチェックしていきます(初めてであれば、店員さんが説明してくれます)。

 

お肉の大きさ・種類・食べ方を選ぶ

まずは、お肉の大きさ、種類、バーガーにするかサラダボウルにするかを選びます。
お肉の大きさは3種類、1/3パウンド、2/3パウンド、1パウンドですが、普通の量であれば1/3パウンドを選びます。
たくさん食べられる自信がある方は1パウンドにチャレンジして下さい。
そもそも、他のお店のクォーターパウンダー(1/4)でお腹いっぱいになっていたので、それ以上の1/3パウンドが最小ですからね。

 

 

チーズ・ソース・トッピングを選ぶ

次に、バンズに挟んでバーガーにするか、サラダの上にお肉を乗せるスタイルにするかを選びます。

そして、チーズを8種類の中から選びます。
さらに有料の8種類からも選べて、もう1枚以上乗せたい場合は、追加料金で選ぶことが出来ます。

チーズを決めたら、ソースを24種類の中から選びます。
名前だけでは分からないソースも結構あって、冒険するのが怖い場合は、無難なソースを選んでしまいましょう。

次は、無制限のトッピングにチェックをつけていきます。
メニューにも書かれてありますが、有料のトッピングもあるのでご注意下さい。

 

バンズ・サイドメニューを選ぶ

最後に、バーガースタイルを選んだ人は、バンズの種類を8種類から選びます。
中には追加料金が必要なバンズもあります。
フレンチフライ等のサイドをつけたい人は、チェックする欄もありますが、みんなでシェアしたい時は、1品メニューからオーダーして下さい。
中でもスイートポテトフライがお勧めです。

 

 

お勧めの食べ方

バーガースタイルにしたら、大きいですが、頑張ってかぶりつくのも良いですし、ナイフで一口サイズに切って食べるのもお勧めです。


ソースも別に添えてあるので、好きなだけかけて食べることが出来ます。
サラダボウルにすれば、お野菜もたっぷり摂れて、お肉を食べていても罪悪感がありません。 

 

 

おわりに

気軽で簡単に食べられるファストフードのバーガーも良いですが、オーダーを書いている時のワクワク感が楽しいので、このようなカスタムバーガーにも一度チャレンジしてみて下さい。 

 コラムニスト情報
bell
現在地:アメリカ  |  

LA近郊、Pasadena在住の食いしん坊です。
ブログ はらぺこだより
http://harapecodayori.blogspot.jp/