住みたいビーチNo1♡ロサンゼルス「マンハッタンビーチ」のお洒落ポイントまとめ

執筆者: bell
はじめに

LA近郊のビーチといえば、どこを思いつきますか?

サンタモニカロングビーチでしょうか。

 

私も渡米した直後はまず、サンタモニカに行きました。

サンタモニカは大きなショッピングモールや遊園地が併設されているピアがあったり、ロングビーチは豪華客船「クイーンメリー号」や水族館を見学出来て、ビーチ以外でも楽しめるところです。

 

今回は、純粋にビーチや海沿いの街並みを楽しめる「マンハッタンビーチ」を紹介します。 

 

マンハッタンビーチの場所

ロサンゼルス国際空港から約5キロほど南にあるマンハッタンビーチ。

 

ビーチからは離陸していく飛行機が見えます。

ビーチ周辺には道路沿いに多くのメーターパーキングと、パブリックパーキングがあります。

午前中は停めやすいですが、シーズン中の午後は混雑していて、見つけるのが困難になるかもしれません。


メインストリートには、レストランやお洒落なショップが軒を揃え、サンセットの時間が近付くにつれ、多くの人達で賑わってきます。

 

ビーチの様子

マンハッタンビーチは、ビーチバレーのメッカとして知られています。

ピアに続く桟橋を中心に南北に分かれていて、ビーチで泳ぐ人たちとサーファーと、両方が楽しんでいます。

 

ピアはサンタモニカや他のビーチほど大きくなく、とても小さな水族館(というよりも、水槽の展示)があるだけです。

ビーチ沿いには個性的な家が建ち並び、どんな人達が住んでいるのか想像しながら散策するのも楽しいです。

 

バルコニーでゆったりとお酒でも飲みながら、サンセットを眺められるなんて羨ましい限りです。

このお洒落で落ち着いた街並みは、住みたいビーチナンバー1と言われるのも納得です。

 

 

老舗のパンケーキ屋さんがある

ビーチから少し坂を上ったメインストリートには、地元の人達も通う老舗のパンケーキ屋さん「アンクルビルズ・パンケーキ・ハウス」があります。

 

日本でも大人気となったパンケーキですが、このお店はお味もさながら、オーシャンビューのテラス席で優雅にゆったりとした朝食を摂ることが可能なので、サーファー達にも大人気です。

 

朝早くから営業していて、午後3時には閉店してしまいます。

ブランチタイムはいつも混み合っているので、待つ覚悟が必要です。

 

パンケーキや卵料理の種類もたくさんあるので、お好みのメニューを見つけて下さい。

 

 

おわりに

他のビーチに比べて規模が小さく、観光客も少ないマンハッタンビーチ。

ビーチでゆっくりするのも良いですし、ビーチ沿いの景色を眺めながら散策するのも楽しいです。

 

メインストリートにはカフェもいくつかあるので、旅行中にのんびりと過ごしたい時は、本を片手に向かってみるのも良いと思います。

 
 コラムニスト情報
bell
現在地:アメリカ  |  

LA近郊、Pasadena在住の食いしん坊です。
ブログ はらぺこだより
http://harapecodayori.blogspot.jp/

 

 旅行のコラム