フランス海外領グアドループ諸島って、どんなところ?クレオール文化と観光ポイント

執筆者: グアドリンク
はじめに

今回は、私の暮らしているカリブ諸島のセント・マーチン島から飛行機で40分くらいのところにあるグアドループ諸島をご紹介します。


グアドループ諸島はメインのグアドループ島とマリ・ガラント島、その他いくつかの島が集まり形成されています。 

 

グアドループ諸島はフランス海外県である

グアドループ諸島は、フランスの海外県というカテゴリーに分類されます。

フランスはヨーロッパ以外に、この海外県という扱いの領土を5ヵ所持っています。

 

アフリカの東、マダガスカル近くに2ヵ所、そしてカリブ諸島地域に3ヵ所です。

その中の一つがグアドループ県です。

ヨーロッパ本土から遠く離れたカリブ諸島の中に、フランスの「県」があるのです。

 

ピンと来ないかもしれませんね。

アメリカで例えると、ハワイ州みたいなところです。

 

気候・文化は違うけれどもフランス国籍

一年を通して日中の気温が30度くらいある常夏の島です。

グアドループは、歴としたフランスの一部なので、住民はフランス国籍です。

 

しかし場所が場所だけに、フランス本土とは文化面でかなりの違いがあります。

フランス本土の文化と現地の文化がミックスされています。

これをクレオールといいます。 

 

 

クレオール文化とは

クレオールという言葉の意味は広義です。

グアドループにはクレオール語という言語があります。

フランス語をベースにした言語なので、フランス語が分かれば何となく理解出来ます。

 

このクレオール語とフランス語がグアドループの公用言語です。

ただクレオール語は基本的に話し言葉なので、一番オフィシャルな言語はフランス語です。

 

美味しいクレオール料理

それからクレオール料理も有名です。

全体的にピリ辛スパイシーな料理が多いですね。

煮込み料理は良く味が染み込んでいますし、グリルする場合も、焼く前に念入りに時間をかけて下味をつけます。

やはり、これらの料理は現地の暑い気候に良く合います。

 

またクレオールは人を指す場合もあります。

フランス本土と現地の混血の人や、親の代がグアドループに移住、その後現地で生まれた人などのことです。 

 

 

グアドループの産業

サトウキビやバナナの栽培が盛んです。

そして、サトウキビからは砂糖とラム酒を製造しています。

 

また、観光業も主要産業ですが、観光客の多くはフランス語圏の人達です。

そのような背景もあり、英語はあまり通じません。 

 

 

出身著名人は?

スポーツ選手を多く輩出しています。

特にサッカー界に多く、フランス代表に選出される選手もいます。

他にはNBAのプロバスケット選手や柔道、陸上、フェンシングのオリンピック金メダリストも名を連ねます。

 

またノーベル文学賞候補にも挙る、作家のマリーズ・コンデ氏も同島出身です。 

 

おわりに

日本からグアドループへ行く場合は、フランス本土経由が一般的です。

フランス本土からグアドループまでは、約8時間のフライト。

とても遠い場所です。

そんな地球の裏側に、トロピカルなフランスが存在しています。

 

美しい海に囲まれ緑も豊富なグアドループ。

フランスに影響されながら、独自の文化を発展させました。

そんなクレオール文化の魅力に包まれた島です。 

 
 コラムニスト情報
グアドリンク
性別:男性  |   現在地:Saint-Martin, French West Indies (France)  |  

カリブ海セント・マーチン島在住のガイド&ラム酒の輸出者。
Gwad-Link(グアドリンク)代表。

新刊【セント・マーチン島 グルメガイド 2016 (Kindle版) 】

http://gwad-link.com

 

 旅行のコラム