ハンドメイド初心者でも簡単!ミシンで出来るファー生地マフラーの作り方 (2/2)

執筆者: 今西 恵美(eminko) 職業:ハンドメイド子供服作家


このように毛が巻き込まれてしまった所は、目打ちなどで引き出します。

 

 

ベルト布も同じように、2枚の表同士を合わせ、返し口を3~4cm残して縫います。
ひっくり返してから、アイロンで形を整え、手縫いで閉じます。

ベルトには、お好みで端から2~3mmの所に、1周ステッチをかけても良いです。

 

仕上げ

画像を参考に、出来上がったベルトを、本体にボタンで止めたら完成です。


 

ボタンがアクセントになりますね。

タグやレースなどで、ワンポイントを付けるのもおすすめです。

 

 

ファーを表にしてリバーシブルにも。

 

 

おわりに

ベルトに通すだけなので、小さなお子様も自分で巻きやすい形です。

ぜひ、色々な生地で、愛情たっぷりのオリジナルマフラーを作ってあげて下さいね。

 
 コラムニスト情報
今西 恵美(eminko)
性別:女性  |   現在地:京都  |   職業:ハンドメイド子供服作家

3人きょうだいの子育てをしながら子供服のハンドメイドをしています。
&Rapissという屋号でのんびり活動中。

こちらでは、初心者さんでもハンドメイドが楽しめるような
ちょっとしたソーイングのコツや、簡単なファッション小物の作り方などを
ご紹介させていただきます。

&Rapiss(アンドラピス)
Instagram https://www.instagram.com/and_rapiss/
Facebook https://www.facebook.com/andrapiss
minne https://minne.com/@andrapiss

作品紹介や日常・子育てブログ
「アイスティーとミシンと娘。」
http://rapiss-blog.com

 

 趣味のコラム