珍しい、個性的で変わった名字 in 沖縄!具志堅・屋比久・仲村渠…読み方は?

執筆者: 川瀬絵理 職業:ブロガー/ライター/写真
はじめに

「具志堅」この名前を聞けば、沖縄と分かる人がほとんどではないでしょうか。

このように、沖縄の名前は、独特な読み方をしたり、普段使わないような漢字が使われていたりと、とても特徴的です。

 

そこで、沖縄の名前をレベル分けしクイズにしました。

どれだけ読むことが出来るでしょうか? 

 

 

難易度レベル1

まずは、この4つ。

どこかで1度は聞いたことがあるはずです。

  1. 具志堅
  2. 比嘉
  3. 安室
  4. 新垣


いかがでしょうか。簡単でしたか?

さて、正解はこちらです。

  1. ぐしけん
  2. ひが
  3. あむろ
  4. あらかき


「ちょっちゅねー」で有名なあの人や、歌手、女優さんなど、テレビで良く聞く名前ですね。

ほとんどの人が読めたのではないでしょうか。

 

ちなみに沖縄で一番多い名前は「比嘉(ひが)」さんです。

この4つが分からないと、次はもっと難しいですよ。

 

難易度レベル2

漢字は簡単ですが、沖縄独特の読み方をします。

さて読めるでしょうか?

  1. 東江
  2. 外間
  3. 川満
  4. 天久
  5. 屋比久


答えはこちらです。

  1. あがりえ
  2. ほかま
  3. かわみつ
  4. あめく
  5. やびく


普通に読むと間違ってしまいます。

私は「天久」を「てんひさ」、「川満」を「かわまん」と読んでしまいました。


「東」=「あがり」と読みますが、地名に「東」が付く場合も「あがり」と読むことが多いです。

同じように、地名に「城」が付くと「ぐすく」と読みます。

ただし、名前になると「金城」=「きんじょう」なので、注意が必要です。

 

難易度レベル3

さて、コレが読めたら、沖縄に来ても安心です。

漢字、読み方共に難しいものを集めました。

  1. 東風平
  2. 喜屋武
  3. 仲村渠
  4. 瑞慶覧
  5. 目取真


答えはこちら!

  1. こちんだ
  2. きゃん
  3. なかんだかり
  4. ずけらん
  5. めどるま


いかがでしょう?
さっそくレベル2でお話した「東」がつきますが、「東風平」は「東=アガリ」ではありません。

どうしてこの読み方になったのか不思議ですね。
「喜屋武」や「仲村渠」も、まさに沖縄です。

 

おまけ問題
具志頭の読み方

具志堅と漢字は似てますが、「ぐしちゃん」と読みます。

あだ名みたいで、何だか可愛いですね。

 

運天の飲み方

こちらは、そのまま「うんてん」と読みます。

タクシーの運転手が「運天」さんだったら。

助手席に「運天」さんが乗っていたらなど、色々考えてしまいます。

 

おわりに

いかかでしょうか?

これらの名前は地名にもあるので、読み方を覚えておくと沖縄旅行の時も安心です。

道を尋ねる時も役に立ちます。

 

南国沖縄。

本島とは少し違う「沖縄ならでは」を知ると、もっと沖縄旅行が楽しくなるはずです。

沖縄に来た時は、表札や看板なども注目してみて下さいね。 

 

 
 コラムニスト情報
川瀬絵理
職業:ブロガー/ライター/写真

沖縄に移住し約3年。
沖縄での暮らし、大好きなカフェや海、観光スポットなど沖縄のことについて、私目線の沖縄をブログで紹介しています。コラムLatteでは、沖縄情報をギュッとまとめたわかりやすい記事を目指しています! 他媒体でも写真、ライティングで活動中♪


◆ブログ OKINAWA LIFE
http://o-life.pupu.jp

◆写真ログ Tumblr
http://myglance-9.tumblr.com

 

 趣味のコラム