海外にいる彼氏・恋人が心配…国際遠距離恋愛を長続きさせるコツ

執筆者: KIKO 職業:ライター / コピーライター / 通訳 / 翻訳
はじめに

こんにちは。バリ島現地ライターのKIKOです。

大好きな人といつも近くに居れたらいいのですが、進学や就職、転勤などで遠距離恋愛になってしまうことがあります。

 

ましてやそのステージが海外であれば、時差もありますので連絡も容易ではありません。

「彼に好きな人ができたらどうしよう」「心が離れてしまうかもしれない」、など不安要素はつきません。

 

今回は、そんな海外との超遠距離恋愛を長続きさせるルールをご紹介します。

 

 

目標を決める

物質的な距離が離れてしまうと心も離れてしまうといいますが、2人にとっての目標やゴールが決まっていれば関係がブレることはありません。

 

次にいつ会えるかも分からず、この先どうなるかも何も分からなければ、遠距離恋愛でなくても関係を続けるのは難しいので、楽しみにできる目標を設定しましょう。

 

将来的な展開を話し合えるのが理想ですが、次に会える時期だけでも分かっていれば精神的にも大分楽になります。

 

相手に依存せず自立する

会えない、寂しいと口にしたところで状況は変わりませんので、会えない時間にこそ自分磨きに力を入れましょう。

 

友達、趣味、仕事など色々なところに目を向けられるように努力し、彼中心ではなく自分を軸にすることであなたの魅力が何倍にもアップします。

 

会えないことで辛い思いをしたり精神的に追い込まれるようであれば、相手も「重い」と感じてしまいますので、彼のいない時間をどう過ごすかで2人の関係も良くなってくるでしょう。

 

返信不要のメールを送る

遠距離恋愛はこまめな連絡が重要となりますが、相手が海外にいる場合は生活スタイルが異なりますし、時差もありますので電話をするにしてもタイミングを合わせるも難しいかもしれません。

 

こんなときにお勧めなのが返信不要のメール。

通常メールというと送り手と受け手の会話で成り立ちますが、短文で今日あった出来事や嬉しいと思ったことなそ相手が笑顔になるような報告メールを送ると喜んでもらえますよ。

 

SNSや無料アプリを駆使する

現代はインターネットがありますから、世界の裏側とも瞬時に繋がることができます。

 

海外との超遠距離恋愛はなかなか会えるものではありませんし、付き合いを続けていくうえで金銭的負担が大きいと長続きもしませんので、無料チャットアプリやスカイプのビデオ通話などを最大限に利用しましょう。

 

ただし相手からの返信がなくても落ち込まないようにし、連絡がなければ友達と遊びに行ったり読書をするなど、気持ちの切り替えは忘れないでくださいね。

 

おわりに

一般的に遠距離恋愛というと、会えない、お金がかかる、相手が浮気するかも…などネガティブな印象で捉えられていますが、実は自分と相手を大きく成長させてくれるステップかもしれません。

 

海外との超遠距離恋愛を長続きさせてゴールインしたカップルもたくさんいますので、明るい未来を目指して頑張ってくださいね。

 
 コラムニスト情報
KIKO
性別:女性  |   現在地:インドネシア・バリ島  |   職業:ライター / コピーライター / 通訳 / 翻訳

フリーランスライター / 通訳 / 翻訳

留学と旅行で世界各地を回り、辿り着いたのはインドネシア・バリ島。
医学情報サービス会社で企画原稿のライティングを経験、
Webコンサルティング会社でインターネット広告ライティングを担当し
現在はコピーライティング、ポータルサイトのライティング、ウェブメディアのコラムなどを執筆。

 

 恋愛のコラム