一人暮らしのフライパン料理!簡単メニューレシピ -卵丼&ササミ蒸し野菜-

執筆者: 佐藤 恵美 職業:フードコーディネーター
はじめに

こんにちは、フードコーディネーターの佐藤恵美です。

 

どんなにお料理しない人の家でも、だいたい家にあるのがフライパン。
なかには小さめの片手鍋の人もいるでしょう。

炒める・焼くのイメージが強いフライパンですが、お湯を沸かしてパスタを茹でたり、蒸し物、やろうと思えば煮物だって可能です。

一人暮らしのお家は、一口コンロの場合も多いかと思います。
収納も少ないので、フライパン一つでお料理が完結したら便利ですよね。

今回はフライパン一つで出来る、一人暮らしにピッタリなメニューをお勧めします。

ふわふわヘルシーあんかけ卵丼
材料(1人分)
  • 卵 1個
  • 塩 少々
  • 厚揚げ g
  • しめじ 1/4パック
  • ねぎ 1/4本

 

A
  • 水 カップ1
  • 鶏がらスープの素 小さじ1
  • めんつゆ 大さじ1
  • こしょう 少々
  • かたくり粉・水 各小さじ2
  • ごま油 適量

 

  • ご飯 適量
  • 七味唐辛子(お好み)

 

事前準備
  • 厚揚げは5mm厚さの食べやすい大きさに切り、しめじは軸を取り小房に分け、ねぎは斜め薄切りにする。
  • かたくり粉と水は合わせておく。
  • 卵は割りほぐし、塩を混ぜておく。

 

作り方
  1. フライパンにAを煮立てたら、厚揚げ・しめじ・ねぎを加えて、中火で5分煮る。
  2. 火を止め、全体を混ぜながら、しっかり混ぜ合わせた水溶きかたくり粉を加え、再び火をつけて煮立て、とろみをつけます。
  3. 卵を回し入れて、軽く混ぜ、卵が浮き上がったら、仕上げにごま油をを加える。
  4. 器にごはんを盛り、3を上にかける。
 
水溶きかたくり粉を入れる時は火をとめて、混ぜながら加えるのが、上手なとろみをつけるポイントです。白菜やカニカマなど入れても美味しいです。

 

 
調理時間4分!フライパンで作る簡単蒸し野菜
材料(1人分)
  • 鶏ささみ 1本
  • 酒 小さじ2
  • ブロッコリー 1/4房(g)
  • ジャガイモ 1/2個
  • れんこん g
  • ミニトマト 2個
  • カマンベールチーズ 1/2個

 

  • 水 大さじ3
  • 塩 ひとつまみ

 

  • お好きなドレッシング

 

事前準備

・鶏ささみは筋を取り、半分に切ったら酒を振りかけておく。
・ブロッコリーは小房に分け、じゃがいもとれんこんは皮を剥き一口弱のサイズに切り、ミニトマトはヘタを取り2等分にしておく。

 

作り方

1. フライパンにれんこん・じゃがいもを入れ、その上にチーズ以外の残りの食材を乗せて、水と塩を全体的に振りかけて、蓋をし、5分強火の火にかける。

 


2. 5分たったらチーズを加えて火を止めて、蓋をしたままで3~5分蒸らす。 

蓋を開け、皿に盛り付け、お好きなドレッシングをかける。

 


野菜が持っている水分を塩で引き出しながら蒸しあげます。
強火にかけるのが怖くても、4分を守れば焦げないので大丈夫です。


火が通りやすいように、根菜類は一口弱位の大きさ位にカットするのがポイントです。
お酒のお供にもなります。

 

おわりに

フライパン一つで出来上がると、洗い物も少なくて助かりますね。
今回の2品は10~15分以内で出来上がるので、遅く帰った時にぜひ作ってみてください。

 
 コラムニスト情報
佐藤 恵美
性別:女性  |   職業:フードコーディネーター

フードコーディネーター。スタイリスト。

大手料理教室での料理とパンの講師経験後、
祐成陽子クッキングアートセミナーを卒業し独立。

企業の雑誌やWebなどのレシピ開発、フードスタイリング、都内での料理教室などで活動中。

「30代になったからこそ覚えたい手料理」
をテーマに、ちょっと贅沢で簡単なおしゃれなレシピが得意。

 このコラムニストが書いた他のコラムを読む
 

 グルメ・レストランのコラム

 趣味のコラム