いつもの英語フレーズが格好よく見える、ジェスチャーつき日常会話10選

執筆者: colonna
はじめに

真面目な雰囲気の職場で、1人フランクな発言をできる人は凄く重宝されます。

いわゆる、ムードメーカー的な立場に立てるので、人気者にもなれる可能性があります。

 

今回は、小学生でも習えるくらい簡単な英語が、一層格好良く見える言い方・ジェスチャーをご紹介します。

 

 

thank you ありがとう

Thanks so much for your help. 助けてくれて(手伝ってくれて)どうもありがとう

 

単にお礼の意味で使うだけでなく、抑揚を付けたり言い方を変えるだけで、笑い声が起きたりします。

 

oh my god! しまった!
oh my god! are you okay?  やばい!大丈夫ですか?

 

ちょっとしたミスの時にオーバーアクション気味にやると、冗談混じりにどうしたの?と気にかけてくれますよ。

 

ok いいよ
We will be ok/alright.  私たちは大丈夫さ

 

某芸能人のような言い方でもいいですし、しゃくれ気味に言っても笑い声を誘える手段ですね。

 

me too 私も
I have someone who's precious to me too.  私にも大切な人がいる

 

両手で親指を立てながら言うと、使わないよりもグッと相手との距離感が縮まって便利です。

 

understand わかる

I understand how you feel.  あなたの気持ちがわかります。

 

話をしていて、理解してるか分からない相手には、少し表情を作りながら言うと、ほとんどの場合で正直に返答してくれます。

 

give me money! 金をくれ!
Give me money if you sympathize with me.  同情するなら金をくれ!

 

昔に流行りましたね。

 

これはかなり切実な叫びですが、遊びの話をしていて、出費が多くなる時にはこれを使うと、大体皆は同意してくれます。

I'm happy 幸せです
I'm so happy to see you again.  また会えてとっても幸せだ。

 

これは女性に声色を変えていただき、happyの部分を強調する言い方で言えば、周りも笑顔で接してくれます。

 

great! すごい!
She's the greatest.  彼女は最高だ

 

拍手しながら言ってあげると、確実に喜ばれる手段でしょう。

 

good bye さよなら
have a good bye!  よい一日を

 

また、週末を控えてる場合などはHave a good weekend!(良い週末を)と別れる時に一言つけるのも良いです。

 

友人と別れる時にはにかみながら言ってみると、イケメンに見えるかもしれませんね。

 

hurry up! 急いで!

Hurry up, or you'll miss the train.   急いで,でないと電車に遅れるよ

 

急な用事で急いでいる時に、日本語で急げと言われるとイラッときますが、英語ならばさほどイラッとこないそうです。

足踏みを軽くしながら笑顔で言いましょう。

 

おわりに

聞きなれた、簡単な英語ばかりだったと思いますが、これを機に本格的に英語を勉強してみるのもいいかもしれませんね。

 

ぜひ皆さんも使ってみて下さい。

 
 

 生活のコラム

 教育・学習のコラム

 恋愛のコラム