観光旅行で食べたいB級ご当地グルメ!個性派ソウルフード6選

執筆者: あさみ
はじめに

他の地域の人には知られていない、その土地の人に愛される、その土地ならではの料理が「ソウルフード」と呼ばれるものです。

 

郷土料理と呼ばれるほど立派でもなく、下町のような庶民的な店で、安く、手軽に、毎日のように食べられる、安心する味。

その土地の人には日常的に食べられている、地元の味をご紹介します。

 

高カロリーコッペパンが人気の「福田パン」

岩手県にある福田パンでは、コッペパンに様々な甘味トッピングを挟んだ、寒い北国を生き抜くための高カロリーパンが有名です。

王道の「あんバター」は、なんと1000kcalを越える一品。

 

メニュー豊富

「ポテトサラダ」「照り焼きチキン」など、カロリー抑えめな物から「れんこんしめじ」や「ヨーグルト」など具材はバラエティーに富んでいます。

しかし、やはり人気なのは、ガッツリおなかを満たす具材。

 

学校の購買などで提供される青春の味は、岩手県民の思い出には欠かせません。

 

おやつ感覚の「行田フライ」

フライと言いながら、鉄板で小麦粉をクレープ状に焼いた物。

足袋産業が盛んな、埼玉県行田の女工さん達に提供されていたと言われています。

 

手軽に食べられるおやつ

仕事の合間にさっと食べられるよう、手軽に作られたおやつのような物。

行田には、他に「銭フライ」が訛った「ゼリーフライ」という、オカラを揚げた物もあります。


 

台湾ラーメン

愛知県名古屋の台湾料理屋「味仙」のまかないを、常連が是非にと頼んでメニュー化したものです。

 

とにかく辛い!

元は台湾人店員のための料理なので、日本人向けへのアレンジはなく、かなりの激辛。

「辛い辛い」と言いながら、サラリーマンや女性にも大人気です。

 

辛い物好きの方には、ぜひともチャレンジしてもらいたい一品です。

 

 

焼そばとミートソースのコラボ!「イタリアン」

みかづき」「フレンド」という、新潟県限定の2大チェーンが提供する新潟の日常食。

焼きそばにミートソースをかけた物が「イタリアン」。

 

庶民の憩い

その味も含め、値段、食器、内装の全てが庶民的。

各店舗に漂うゆるやかな雰囲気に心安らぎます。

 

この空間に友人や家族と通って、イタリアンを食べる日々こそが新潟の食文化といえます。

 

 

食べるミルクセーキ&夢のトルコライス
食べるミルクセーキ

長崎のミルクセーキは「食べる」ミルクセーキ。

かき氷にミルクシロップを混ぜた物という、アイデアメニューです。

 

夢の一皿!トルコライス

トルコライスとは、ピラフ、ビフテキ、ナポリタンが一皿に盛られた物。

子供の好きな食べ物が全部乗った夢の料理です。

 

サラダが添えてある物やカレーがかかった物など、アレンジも色々とあります。

 

おわりに

ご当地の味は、現地では当たり前に食べられているけれど、現地に行って初めて知る物ばかり。

ソウルフードを食べると「旅をしている」実感がより増します。

 

旅先で出会ったら、ぜひ挑戦してみて下さいね。

 
 コラムニスト情報
あさみ

ヒマさえあれば出かけたくなる旅好きです。定番の観光スポットから、おもしろいところ、変わったところ、いろんなところに行っています。
ブログ書いてます。よろしくお願いいたします。

BQ ~B-spot Explorer~
http://papicocafe.blog.fc2.com/