メイドカフェだけじゃない!秋葉原でおすすめの人気コンセプトカフェ6選

執筆者: あさみ
はじめに

秋葉原といえばメイドカフェが有名ですが、近年はますます進化しているのをご存じですか。

今回は、秋葉原にある珍しいコンセプトのカフェやバーのお店をご紹介します。

秋葉原忍忍屋敷 不忍カフェ(しのばずかふぇ)

現代に生きる、くノ一が接客する不忍カフェです。

定期的に、忍者スタッフによる店内ライブや、特別イベントなども行われます。

 

 

美味しくなる忍法や、記念撮影のサービスも

ドリンクやフードには、忍者スタッフが美味しくなる忍法をかけてくれます。

くノ一と一緒に写真も撮ることができるので、記念にいかがでしょう。

 

男の娘カフェ&バー NEWTYPE
男の娘(おとこのこ)とは?

秋葉原で独自に進化を遂げた、萌え系「女装男子」のことです。

「男の娘」がメイドとなり、お客様をお出迎えしてくれるのが、男の娘カフェ&バー NEWTYPEです。

 

 

萌え系衣装で接客する「男の娘」は、友達として気楽に話せますし、一人の男性としても見目麗しく、性別年齢問わず大人気です。

 

メイド喫茶カフェ グランドパイレーツ

秋葉原の大海原を拠点に活動する海賊たちのアジトがコンセプトの、メイド喫茶カフェ グランドパイレーツ

入店した瞬間から海賊仲間となり、海賊メイドたちとのパーティーを楽しむことができます。

 

 

海賊メイドのオリジナルカクテルや、海賊テイストの食事メニューもあります。

生ビールが樽ジョッキで出てきたりと、細かい演出が楽しめます。

幕末男装カフェ&バー誠酒屋

江戸時代末期、京都の治安部隊として活躍した新撰組。

その意志を継いだ子孫が新・新撰組として結成され、乱れた世を正すために、資金集めと隊士の発掘を行うというコンセプトが、この幕末男装カフェ&バー誠酒屋です。

 

畳でくつろぎながらアットホームな雰囲気で、気さくな新撰組隊士と楽しくおしゃべりできるのが魅力です。

 

 

男女問わず、新撰組や幕末ファンに人気で、海外からの観光客にも喜ばれるスポットになっています。

ガンダムカフェ 秋葉原店

ガンダムの世界観を楽しめる、バンダイ直営のガンダムカフェ

店内の装飾だけでなく、メニューにもガンダムをイメージしたものが豊富に揃っています。

 

ガンダムの初心者からコアファンまで楽しめる、エンターテイメント性あふれるカフェです。

 

 

私設図書館シャッツキステ

古き良きメイドさんがいるのはよくある光景ですが、ここ私設図書館シャッツキステは「秋葉原にある私設図書館&ワーキングスペース」がコンセプトのカフェ。

 

店内には溢れんばかりの本が重なり、どれでも好きに読んでいいのが特徴です。

メイドさんも中央スペースで編み物をしていたり、朗読をしてくれたりと、まるで童話の中に迷い込んだかのよう。

 

店内も食事もナチュラルテイストで、紅茶は飲み放題。

少し歩き疲れたときなどに最適です。

 

 

おわりに

秋葉原というとマニアのためのお店と思いがちですが、コンセプトカフェはフードも美味しく、初心者や観光客でも楽しめるスポットとなっています。

友達同士や、恋人とデートで、ぜひ楽しんでみてください。

 

※記事の内容は、掲載時のものです。お出かけの際は、オフィシャルサイト等で最新の情報をご確認ください。

 
 コラムニスト情報
あさみ

ヒマさえあれば出かけたくなる旅好きです。定番の観光スポットから、おもしろいところ、変わったところ、いろんなところに行っています。
ブログ書いてます。よろしくお願いいたします。

BQ ~B-spot Explorer~
http://papicocafe.blog.fc2.com/