浮気した夫(旦那)を許せる?不倫発覚後の夫婦関係を修復する5つのコツ

執筆者: 高草木 陽光 職業:夫婦問題カウンセラー
許す?離婚?

こんにちは、夫婦問題カウンセラーの高草木陽光(たかくさぎ はるみ)です。

もし、パートナーが浮気をした場合、あなたは許すことが出来ますか?
「許せない」と答えた人は、直ぐに離婚に向けて行動しますか?


もちろん、浮気をすることは、パートナーに対しての裏切り行為に当たりますし、あってはならないことです。
しかし、現実を考えると“直ぐに離婚”というわけにはいかないという人が大多数なのではないでしょうか。

 



夫が浮気相手と別れてからが本当の“試練”の始まり
「夫は浮気相手とキッパリ別れ、今後二度と浮気をしないと誓ってくれました。
子供もまだ小さいし、夫も私と離婚する気はないと言ってくれているので、2人で修復していくことに決めました」

 

ここまで聞くと“一件落着”のような感じがしますよね?
しかし、本当の苦悩は、これからなのです。


実は、“浮気”に関して皆さんが最も苦悩しているのが“浮気後の修復の仕方”なのです。
もう少し具体的に言うと、「浮気をした夫と生活を共にしていくに当たり、自分の気持ちをどのように保っていったらいいか分からない」ということで悩んでいる人が多いということです。

夫を許せない時は?

「どうしても夫を許すことが出来ない」「夫の浮気が忘れられない」という人に、「どうしたらいいですか?」と訊かれることが多々あります。


夫を許すことが出来ないのであれば、“許さなければいい”のです。
夫の浮気が忘れられないのであれば、無理に“忘れようとすることを止めればいい”のです。

 


夫を“許さなければいけない”という、自分のルールに縛られる必要はありません。
“今すぐに”許さなければいけないと思うから苦しいのです。


苦しいのなら、今はまだ許せる“時期”ではないということです。
“許せる時期”が来るまで、出来る限りの努力をして過ごすことが大事なのです。

夫婦関係修復のコツ
  1. 事ある毎に、過去の浮気の話を持ち出さない
  2. 過剰な制限や、監視をしない
  3. 修復に向けて努力している相手を認めてあげる
  4. 不安な気持ちは、怒りではなく素直な言葉で表現する
  5. 自分に自信を持つ

 

心が折れそうになったら

夫婦関係の修復は、1人では出来ません。
夫婦2人の気持ちが“修復”に向けて1つになることが必要不可欠です。


しかし、時には相手に対して「本気で反省しているのか?」「何で私が我慢しないといけないの?」など、修復途中で気持ちが爆発してしまう人もいます。

そんな時は、落ち込んだり爆発したりする前に、2人が向かう方向の再確認をしてみてくださいね。
2人は、“修復”という同じ目的地に向かっている仲間なのです。
そこで言い争う意味が本当にあるのかどうかを冷静に考え、気持ちを交換し合える時間を作ってください。

 



まとめ

夫婦や家族の”大問題”は、今後も起こるかもしれません。


しかし、問題そのものよりも、その問題に対して“どう対処するか”ということや、“どう解決するか”ということの方が、夫婦や家族にとって最も大事であると思うのです。


問題を乗り越えるための精神力や知恵、情報などが必要な時は、遠慮なく他人に助けを求める勇気も必要です。

 
 コラムニスト情報
高草木 陽光
性別:女性  |   職業:夫婦問題カウンセラー

「HaRuカウンセリングオフィス」代表
NPO法人 日本家族問題相談連盟認定カウンセラー
現在までのカウンセリング・相談数は、累計6000件以上。

美容、毛髪カウンセラーとして10年以上「髪の悩み」を持つ人達の相談を受けてきた。
相談を受けているうちに「髪の悩み=心の悩み」であることに気付き、その中でも、夫婦や家族の問題・男女関係・人間関係のストレスが大きな要因となっていることを知る。
また、銀座のクラブでのホステス経験があり、「究極の接客業」を学ぶと同時に、男女の様々な人間模様を目の当たりにしてきたことも現在の仕事に役立っている。

【メディア実績】
テレビ朝日「スーパーJチャンネル」
フジテレビ「ホンマでっか!?TV」
イギリスBBCラジオ
夕刊フジ

【ウエブメディア】
小学館運営「Menjoy!」
「mamaPRESS」
「It mama」
「WooRis」
「マイナビウーマン」 他

HaRuカウンセリングオフィスHP 
http://haru-counseling.com

ブログ「離婚問題・夫婦問題・男と女の本音を暴露」公開中
http://taiyounochikara923.blog102.fc2.com/

ブログ「結婚塾 結婚したい人が読むブログ」公開中
http://ameblo.jp/haru-counseling/