彼氏に飽きた、飽きられた?マンネリ倦怠期を解消し、ときめきを取り戻す3つの方法

執筆者: colonna
はじめに

付き合い始めは、何もかもが新鮮で楽しかった。

けれど、付き合いが長くなればなる程、刺激も薄れてきて何だかマンネリ。

 

別れることも視野に入れて…などと、結論を急がないで下さい。

今回ご紹介する3つの方法で、付き合い出した時の様な「ときめき」を取り戻せるかもしれません。

 

とにかく、いつもと違うことをしてみよう

付き合いが長いと、デートプランや恋人に会う時のファッションなど、いつも同じようなものになりがちです。

そこに変化をもたらしましょう。

 

ちょっとしたことでOK
  • 髪型を変えてみる。
  • いつものパンツスタイルではなく、スカートを着てみる。
  • 普段あまり着ないような色の、服や小物に挑戦する。
  • いつもなら行かないデートコースに行ってみる。

 

このようなことだけでも、お互いに気分が少し新鮮になります。

 

変化を尋ねられたら

「どうしたの?」と聞かれたら、「最近マンネリ化してるきがして」などと冗談っぽく告げてみましょう。

 

相手もマンネリを感じていたとしたら、あなたの意識改革に心が動き、自らも何か変えようと行動を起こしてくれるかもしれません。

 

 

相手の良いところを紙に書き出す

マンネリが続くと、相手の嫌なところが目についてしまいがちです。

そんな時、紙を1枚用意して、相手の良いところを書けるだけ書き出してみましょう。

書くこと何でも良いのです。

 

意外と良いとこあるよね。

書いていると、普段は気に掛けていない良いところに気付くかもしれません。
恋人と書き合って、お互いに見せるのも楽しいかもしれませんね。

 

これを会話で行うのも、割とエキサイティングな話題だと思いませんか?

最終手段!しばらく連絡を絶ってみる

思い切って、しばらく連絡を絶つのも良いでしょう。

連絡を絶っている間は、自分磨きをしてみたり、友達と思いっ切り遊んでみる。

ちょっとしたリフレッシュ期間ですね。

久しぶりに恋人に会う時には、「やっぱりあなたが居ないとだめだ」と、新鮮なドキドキを感じるかもしれません。

 

期間限定にすること!

連絡を絶つ期間は、きちんと決めて行って下さい。

だらだら連絡を取らないまま別れてしまう、なんて事態にもなりかねません。

 

また、ネガティブな理由で距離を置くのではなく、これから長く付き合っていきたいから、少しリフレッシュしようというように、必ず「相手とこれからも長く付き合っていきたい」ということを伝えないと、「飽きられた」「距離を置いて浮気するのでは?」などと勘違いされてしまいます。

 

2人の関係性次第では、自然消滅の危険性もあり得る諸刃の剣です。

 

 

おわりに

せっかく縁合って一緒にいる恋人です。

何が悪いというわけでもないのに、マンネリごときで赤い糸を切ってしまうのは勿体ないことです。

 

これからも一緒に日々を過ごしていけるよう、脱マンネリを実践してみましょう。