今日も定時で帰れない雰囲気…!残業が多い職場で、定時に帰る3つのポイント

執筆者: tuukai
仕事が終わったのに定時で帰りづらい!?

職場で定時に上がりたい。
会社勤めの人ならば、誰しもが思うことなのでは無いでしょうか。

しかし、実際はというと、なかなか定時に上がれない人が多いのが現実。

今回は、職場で定時に上がれる3つの方法をお伝えしたいと思います。

 

 

その1 定時までに仕事を終わらせる

一番重要なことは、定時までに仕事を終わらせることです。


仕事と言っても職種にもよると思いますが、基本は「業務が終わったら帰っても問題はない」ということ。
自分の仕事をキッチリとやっていれば、仮に定時に帰ろうが文句を言う上司も同僚も少ないでしょう。


営業職であれば、数字をしっかりと残す。
技術職であれば、納期までに必ず仕事を終わらせるスケジュールで動く。


職場で定時に帰るためには、まず自分の業務量の線引きとスケジュールを把握し、本日分の仕事を片付けることが先決です。

 

 

その2 普段から定時で上がるクセをつけておく

次に、普段から定時で上がるクセをつけておくことです。

これは「定時で上がるキャラ」だと言い換えてもいいでしょう。

 

定時で上がるキャラの人は、同僚や上司も「まあいつものことだよね...」となり、周囲の目もそれほどまでにキツくなくなります。

 

普段から定時で上がるキャラ付けをしておきましょう。

 

 

帰りにくいキャラも自分が作り上げている!?

逆に、いつも日付が変わるまで仕事をしていたり、残業量の多い人がたまに定時で帰ると、「どうしても外せない用事があるのだな」と認識されます。

 

一番帰りにくいのは、いつも残業を1時間程度行い、中途半端なタイミングで帰宅する人かもしれません。

 

その3 役職者にならない

残念ですが、役職者(管理職)になってしまえば、基本的には定時で上がることが難しくなります。


勿論、職種や会社にもよると思いますが、役職者は基本的に帰るのが遅れる、定時で上がれない、職種によっては残業代は無いと思って良いでしょう。

 

 

ただし、代わりに給与増、キャリアアップなど、残業の多さを補うメリットがあるかもしれませんので、自分のキャリアアップと見比べて選択する必要性があります。

おわりに

勿論、自分の時間も大切ですし、定時で上がりたい気持ちも分かります。

 

しかし、他の同僚がまだ仕事をしているのにあなただけ定時で帰ってしまうと、やはり周囲の目線は厳しいものになってしまうことが多いのも事実です。


円滑に会社ライフを進めていくためには、たまには同僚や部下の仕事を手伝ったり、上司の仕事を手伝ったりといった配慮も必要かもしれません。


無理に残業する必要は有りませんが、たまには定時では帰らないのもいいかもしれませんね。

 コラムニスト情報
tuukai
性別:男性  |  

閲覧有難うございます。
tuukaiと申します。
20代の男性です。

今までの人生で、かなりの恋愛体質?なところもあり、
たくさんの女性とお会いしてきました。

たくさんの女性と出会う中で、
女性には男性とは違った恋愛に対しての悩み、
恋愛に対しての考え方、
恋愛観など、
男性と数多くのすれ違いの要素があることを身を持って実感してきました。

記事では、
そんな私が感じた男性と女性との考え方の違いなどを元に、
少しでも恋愛に対してプラスになるような情報をお伝えしていければと思っています。

宜しくお願いいたします。

モテる男になるための7つのステップ
http://renaisinrigaku.net/

今まで相手にされなかった男性を振り向かせる方法
http://renai-technique.com/