一人暮らしでも簡単!生栗の美味しいゆで方3選

執筆者: 山本小枝子 職業:ダイエット、美容ライター
美味しいほくほくの栗が食べたい!

秋はさつまいもや栗が美味しい季節。

栗拾いに行ってきたものの、食べ方がよく分からない…といった事態に陥りがち。

 

一人暮らしの人でもお手軽に食べることが出来る、栗の茹で方をまとめてみました。

 

 

お鍋で茹でる方法

最もポピュラーな方法です。

 

半日ほど水に浸しましょう。

浸す前にベランダなどで干しておくと、甘みが引き出されるようです。

 

お鍋にお湯をたっぷり沸かし、沸騰させます。

栗を入れ、30~1時間程度煮込みます。

小さい栗であれば30分程度でOKです。

 

お湯が冷めるまでそのままにしておきます。

渋みが取れ、皮も剥きやすくなります。

 

皮を剥く時は、皮の底部分を切り落とし、そこから実と皮の間にナイフを入れて剥いていきます。

茹で過ぎて実が崩れてしまった場合は、スプーンで掬って食べましょう。

 

レンジを使った方法

こちらはより簡単に、料理をしない男性でも出来る裏ワザです。

 

栗の底を切り落とします。

 

お皿に並べ、栗が沈むくらい水を入れます。

スチーム容器があればそれに入れると時間短縮になります。

 

10分程度加熱します。

 

フライパンを使った方法

大量に茹でたい場合、フライパンもお勧めです。

 

栗の底に切り込みを入れます。
栗の半分くらい水を入れます。
フタをして、強火で10分程度加熱します。
パチパチと音がしたら、さらに5分程度炒ります。

 

焼き栗、炒り栗も美味しいようです。

熱した後の栗は大変熱くなっているので、充分冷めてから皮を剥きましょう。

 

茹でた栗の保存方法

茹で終わったものの、一気に食べることが出来ない場合、以下の方法で保存しましょう。

 

冷凍保存する場合

しっかりと水分を拭き取った後、なるべく重ならないよう平たく並べ、冷凍庫へ。

約1か月程度は保存できます。

 

水分がある状態で冷凍すると、解凍時にふやけてしまいます。

 

普通に冷蔵する場合

密閉袋や容器に入れ、3日程度は保管できます。

 

おわりに

栗ごはんなどにすると大量に消費出来ますし、軽く潰してホットケーキやパウンドケーキに混ぜてみると、美味しい秋スイーツが完成します。

 

栗の処理に困ったときは、ぜひ試してみてくださいね。

 
 コラムニスト情報
山本小枝子
性別:女性  |   職業:ダイエット、美容ライター

ダイエットや美容、スキンケアなどについて執筆活動を行っています。
有益な情報を提供できるよう精進してまいります。

 

 生活のコラム

 趣味のコラム