おすすめのSF&宇宙映画ベスト5!感動、名作、コメディ揃えました。

おすすめのSF・宇宙映画を5本ご紹介。感動、名作、コメディなど人気作品~マイナーまで勢揃い!映画鑑賞で宇宙のロマンに浸ってみませんか?

執筆者: 大西 紘平 職業:アパレル接客・暮らしガイド
宇宙映画は、バリエーションが豊富!

広大な宇宙。

空を見上げたら、その先に途方もない宇宙が広がっています。

一度は思いを馳せた方も、多いのではないでしょうか。

 

 

宇宙の9割は未解明。

未だ9割以上が未解明とも言われる宇宙には、ロマンが広がっています。

本当に途方もないし、私たちには、ほど遠い存在かもしれません。

ですが、映画ならもっと身近に宇宙を感じられます。

暇つぶしはもちろん、ロマンを感じたい方も、映画で宇宙を堪能してみませんか?

今回は筆者おすすめの宇宙映画を、5本ご紹介します。

少々マイナータイトルが並びますが、SFでは珍しい"ユルい"映画もあります。

 

第5位「ゼロ・グラビティ」

第5位は、ゼロ・グラビティ。

リアルな3D映像に、思わず息を飲みます。

 

スリルあふれる演出と脚本、そして意外な展開に、常時ハラハラさせられること間違いなし!

2013年に公開され、様々な賞を受賞しています。

 

 

あらすじ

宇宙空間でスペースシャトルが爆発。

船外活動中の宇宙飛行士二人は、突如として命の危機に立たされます。

 

暗黒の宇宙でのサバイバル。

二人は無事地球へ帰還できるのでしょうか?

第4位「2001年宇宙の旅」

4位は、あのモノリスで有名な、2001年宇宙の旅です。

アーサー・C・クラークの小説が原作の映画で、美しく描かれた宇宙と様々な人物が織りなすドラマが魅力です。

 

小説で楽しんだ方も、一度映画でリアルな世界を堪能してみましょう。

 

 

あらすじ

人類が月に進出した未来。

 

ディスカバリー号が木星探査の途中、人工知能のHAL9000が暴走してしまいます。

ディスカバリー号はどうなってしまうのでしょうか?

 

そして、月面に発見された謎の人工物は?

 

 

第3位「銀河ヒッチハイクガイド」

ダグラス・アダムスの小説が原作になっている、銀河ヒッチハイクガイド。

一癖どころか何癖もある登場人物に、意外な伏線、そして宇宙映画らしからぬ(?)コメディなタッチが魅力の映画です。

 

 

あらすじ

地球人のアーサーは、極平凡な生活を送っていました。

ですが、突如飛来した宇宙船によって、地球が破壊されてしまいます。

 

その理由は、銀河ハイウェイの建設工事による、立ち退き期限切れでした。

故郷を失ったアーサーと仲間たちは、ひょんなことから広大な宇宙を旅することになります。

 

 

第2位「スターシップ・トゥルーパーズ」

まず最初に断りを入れておきますと、虫や、少々グロテスクなエイリアンが苦手な方は、ご注意ください。

スターシップ・トゥルーパーズは、異形のエイリアンと地球人の戦争を描いた映画です。

 

ロバート・ハイラインの「宇宙の戦士」が原作になっています。

リアルな映像演出に、公開当時は大きな話題を呼びました。

 

 

あらすじ

市民権をも自由に与えられなくなった、未来の地球。

主人公のジョニーは、市民権を得るため軍隊に志願しました。

 

訓練を経て軍人になった彼ですが、ある出来事から軍を辞めることを決意。

ですが、それとほぼ同時に飛来した謎のエイリアン。

 

地球を侵略される中、ジョニーはどう行動するのでしょうか?

地球人の運命はどうなるのでしょうか?

 

 

第1位「スペース・カウボーイ」

第1位は、スペース・カウボーイです。

もう15年以上前に公開された映画ですが、夢にロマン、笑いに感動、そして熱い展開と、様々なものが詰め込まれています。

 

宇宙飛行士として登場する人物は、全てご老人。

「そうきたか!」と思わず叫びたくなる展開もあり、見終わった後は、胸が暖かくなる一本です。

 

 

あらすじ

20世紀。

アメリカのNASAは、ロシアの衛星が地球へ落下することを知ります。

 

ですが、ロシアには問題解決できず、全てはNASAに託されたのでした。

その衛星は、数十年前の代物。

 

一体どうやって落下をくい止めるのでしょうか?

NASAもお手上げ状態となり、既に現役を引退したフランク・コービンにアドバイスを求めるのでした。

おわりに

ランキング付けをしてみましたが、どれも甲乙つけがたい作品ばかりです。

皆さんなら、どの作品を選ぶでしょうか?

宇宙は不思議なことばかりですね。

「生命体はいるのか?」「ブラックホールの中はどうなってる?」など、考え始めたら尽きないと思います。


そんな宇宙を感じられる映画。

広大な宇宙に夢を馳せ、部屋を暗くし、プラネタリウム気分で宇宙映画鑑賞を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 
 コラムニスト情報
大西 紘平
性別:男性  |   現在地:香川県  |   職業:アパレル接客・暮らしガイド

コラムをご覧いただきありがとうございます。

服飾専門学校を卒業後はアパレル業界へ数年間身を置いていました。
Latteではファッション(業界ネタ中心)や生活の知恵など、様々なコラムを執筆しています。

今は下記のブログでも情報を配信中です。

flappe(フリーランス・フリーライター向け情報サイト)
http://flappe.guide-book.xyz/

ぐーぱん(ファッション業界の最新ニュース)
http://gu-pan.com/

お気に召しましたらGoogle+のページもご覧下さい。
コラム配信のお知らせをいち早くお届けします。

*Google+*
https://plus.google.com/107466210478032391080/about

*Twitter*(ぐーぱん専用)
https://twitter.com/gu_pan_news

 

 趣味のコラム