朝食メニューとして避けたい、ソラレンを含む「光毒性」の食材・食品とは?お肌に紫外線を多く吸収させてしまう食べ物たちを調べてみました。

朝のフルーツは「金賞」といえど…

お肌は、化粧品などの外側からのアプローチだけでなく、食べ物から摂取する栄養素と、それによる体内の作用によって美しく保たれます。

 

朝ごはんにフルーツを頂くのは「金賞」とよく言われますが、実は日差しの出る時間帯に食べると、外に出た時に紫外線を肌に多く吸収してしまう食べ物がいくつかあります。

 

光毒性のある食材は朝は控えよう

「光毒性」という、紫外線に反応をして肌に働きかけてしまう性質をご存知でしょうか?

 

光毒性物質として「ソラレン」という成分が挙げられますが、このソラレンを含む食材を食べてから外出をしてしまうと、2~6時間ほどはいつもより紫外線を多く肌に吸収してしまうと言われています。

 

ソラレンを多く含む食べ物には、どんなものがあるのでしょうか?

 

 

ソラレンを多く含む食べ物
果物

主に柑橘系はNGのようです。

そういえば、レモン、グレープフルーツ、ベルガモットなど柑橘系のアロマ精油も同様の注意書きがされていますね。

 

☑ レモン
☑ みかん、オレンジ
☑ グレープフルーツ

☑ キウイ

☑ アセロラ

 

 

野菜

☑ きゅうり

☑ セロリ

☑ じゃがいもの芽

 

香味野菜系

☑ パセリ

☑ しそ

☑ 三つ葉

☑ パクチー、コリアンダーなど

 

いつ食べるのがおすすめ?

シミやお肌の老化対策に有効なビタミンCを多く含む、柑橘系フルーツたち。

これらはぜひ夕方以降に食べるようにすると、ソラレンが邪魔をせず、お肌や美容に良い食べ物として安心して摂取できます。

 

逆にソラレンが少ない食べ物は?
果物

☑ リンゴ

☑ スイカ

☑ いちご

☑ バナナ

☑ もも… 

 

このコラムに関するタグ

この記事を書いたコラムニスト

美容 / 健康管理
LATTE BEAUTYに関しての機能要望・ご意見はこちらからどうぞ