キラキラ量産型女子は地雷!?男性に嫌われやすい「女性の自分磨き」4選

男性がドン引きする「女性の自分磨き」を紹介。出会いを求めて頑張るその趣味、逆効果かも!男性受けのいい趣味や特技って何なのよ!という女子は、言い方を変えて伝えてみては?

執筆者: 雨宮あすか
男性がドン引きする「女性の自分磨き」まとめました

「自分の価値を高めたい」という思いから、自分磨きに励む女性は多いです。

ですが、自分磨きの方向性を間違えると、男性からドン引きされることがあります。

 

一体どのような自分磨きがNGなのでしょうか?

 

 

なんだか衛生的に抵抗がある…「凝ったネイル」
ケバケバしく見えて悪印象のようです

凝ったネイルは、男性からするとケバケバしい印象になってしまい、引かれやすいもの1位です。

例え綺麗に伸ばしていたとしても、長い爪も悪印象で、「あれで日常生活が問題なく送れるのか?」と疑問視する声もあります。

 

爪は短く切り、ピンクやベージュなどのナチュラルなマニキュアを塗るのがいいでしょう。

なんだかお金のかかる女子っぽい?「ワイン」
詳しすぎると、男性にプレッシャーを与えることも…

ワインは素晴らしい趣味ですが、あまり詳しすぎると「いつもワインがあるような高いお店じゃないと駄目かな」と、男性にプレッシャーを与えてしまったりすることがあります。

 

男性が好むのはワインに詳しい女性ではなく、「教えて」と言える可愛げのある女性です。

そう…いつの時代も、自分よりデキる女性は可愛げがなく、劣等感を刺激する鼻持ちならない存在なのです。

 

趣味でワインスクールに通ったり、ワインの資格を取ったりするのは構いませんが、男性へのアピール材料にはならないということを覚えておきましょう。

 

本当にワインが趣味の場合は「ワイン学んでる最中なんだ!全然詳しくないんだけれど」など、気取っていない一言を入れると良いでしょう。

意識高い系は避けられる傾向に!「自己啓発本・セミナー参加」
マインドコントロールを疑われる場合も

自分を内面から変えたいと思っている人は、自己啓発本に手を出すことがあります。

1,2冊ほど参考程度に読むくらいであれば特に問題ありませんが、どハマりしている人は、マインドコントロールされているように見えて、男性から引かれてしまうかもしれません。

 

同じように自己啓発セミナーも言わない方が賢明でしょう。

無難に「読書」や「資格の勉強」などの方が、まだ軽さが出て良いかもしれません。

これは同性間でも危険!「美容整形」
まだ抵抗がある男性が多い

以前ほどではないにしろ、美容整形への偏見はまだ残っています。

コンプレックスをどうにかしたいという気持ちはわかりますが、ダメなところを気にするよりも、いいところを伸ばしたほうが、男性からは好感を持たれやすいでしょう。

 

じゃあ、どんな自分磨きならウケが良いの?

以上、男性に引かれやすい自分磨きをご紹介しました。

 

逆に男性受けのいい自分磨きは、運動(ダイエット)や料理などが挙げられます。

ダイエットと言っても、過度な食事制限でやせ細っているのは引かれてしまうので、運動をして引き締まった身体を目指すのがいいでしょう。

 

料理も凝ったものではなく、毎日食べるものをパパッと作れる女性が好まれます。

社会的な価値を上げたい人は、仕事やボランティア活動などで役に立つ資格を取得するのがいいでしょう。

 
 コラムニスト情報
 おすすめ新着コラム
     

     生活のコラム