【第71弾】怖すぎ危険!「意味が分かると怖い話」まとめ(解説付き)

【意味怖】最新版!意味がわかると怖い話まとめ(解説あり)第71弾。解説を読んだらゾッとすること間違いなし。読むか読まないかはあなた次第です。短編も長編もあります。

執筆者: MI 職業:ライター

 

意味が分かると、死ぬほど怖い話。

話の本当の意味を知ったら、思わずゾッとしてしまう「怖い話」第71弾。
意味が分かると怖い話 第1弾~第70弾」よりも、更にレベルアップした”ゾッとする話”を届けます!
読むか読まないかはあなた次第です。

 

1.同窓会

 

家に中学同窓会の知らせが来た。

封を開けて見てみると、どうやら地元の温泉旅館で開催されるようだ。味があっていい。

 

お?幹事の名前をふと見ると、意外な奴だった。

中学時代、いじめられていたAという奴だった。まぁ、もう大人だし関係ないか。

 

それから何日か仕事で忙しかったので、出欠の知らせをするのを忘れて〆切の日にちが過ぎていた。

まぁ帰省するのも面倒だしいいか…と思っていると、

知らない番号から電話がかかってきて、なんと幹事のAからだった。

 

「もしもし?Aだけど分かる?」

「おお、分かるよ。ビックリした。」

「同窓会の知らせ届いた?返事ないから確認の電話なんだけど…。」

「あ、ごめんごめん忙しくてさ…」

 

そっからかなりしつこくAは参加を勧めてきた。

豪華なフグ料理とか、珍しいお酒とか色々用意してて、かなり気合い入ってるぽい。

そんなAにおされて、俺は出席すると言った。

 

あの頃、ひどいイジメに遭っていたAだけど、どうやら今はかなりエリートだという噂は聞いていた。

化学薬品の会社に働いているらしいし、色々資格も持っているらしい。

人って変わるもんなんだなぁ。

 

当日会場へいくと、ほとんどの同級生が集まっていた。

でもBが見当たらない。

 

しかも、フグ料理もいたって普通な刺し身とかフグチリだし、飲み物も普通だった。

みんながブーブー言う中、Aは現れなかった。

 

「Aは急な仕事が入って来れなくなったらしい」と同級生。

「そうなのか…残念だなぁ。会いたかったなぁA。」

 

そんなこんなだけど楽しい同窓会で、無事お開きとなった。

 

 

しかし同級生全員が、次の日の朝刊を見てゾッとした。

「A…」

 

解説

Bは、イジメの復讐として同級生を皆殺しにしようと計画していた。

珍しいドリンクといったのは毒を混ぜ込むため、

フグは自分が持っている資格で調理し、フグ毒を混ぜ込もうとしていた。

 

しかし、会場に来る前に毒か何かを持っているのがバレて押収され捕まった。

 

2.算数の問題

 

先生「太郎くん、今日は算数の問題だよ。できるかな?

美人で優しいママワンちゃんがいました。ママワンちゃんには子どものワンちゃんがいます。

合わせて何匹かな?」

 

太郎「2ひき!簡単だよそんなの。」

 

先生「そうだね、簡単だったね。次は少し難しくするよ?

さっきのママワンちゃん、子どもワンちゃんのところに若い家庭教師のイケメンワンちゃんが

やってきました。全部合わせて何匹でしょう?」

 

太郎「3びき!」

 

先生「正解。そのイケメンワンちゃんとママワンちゃんに子どもが産まれました。
全部合わせて何匹でしょう?分かるよね?」

 

太郎「4ひき!」

 

先生「正解。じゃあ、その4匹の中で、1匹だけ邪魔なワンちゃんがいます。
どれでしょう?分かるよね?」

 

太郎「えー…?わからない…」

 

先生「よしよし、そしたら少し休憩でもしようか?

先生が作った特製ジュースだよ。全部飲むんだよ、分かるよね?」

 

解説

太郎くんのママ(ママワンちゃん)は、この家庭教師の先生(イケメンワンちゃん)と交際している。

その間に赤ちゃん(赤ちゃんワンちゃん)ができたので、 太郎くん(子どもワンちゃん)が邪魔ということ。

先生は太郎を毒入りジュースで殺そうとしている。

 

3.金縛り

 

目が覚めたら、金縛りにあっていた。体が動かない…。

 

なんでだよ。瞼も動かないから周りも見えない…。

ああ…なんか泣き声みたいのが聞こえてきた。なんか娘の声に似ている気がする。

 

「ほら、泣かないの」

 

え?妻の声に似ている。その声も泣き声だった。

 

「さようなら…あなた。ありがとう。愛してるわ。」

 

ん?なんだ?

 

何か眠くなってきたぞ…

一瞬瞼が軽くなって目がすこしだけ開いた。

 

俺の前には医者がいた。

「…聞こえますか?」

 

解説

脳死の誤判定をされ、安楽死出来る薬を注射されてしまった。

 

4.缶詰

 

とある大国で、大量の人間が世間に出ることなく隔離されていることが判明した。

首相はその事実に青ざめる。

他国にバレては終わりだ。

 

この国では、食糧難で貧困層が多く、

普通の暮らしを送れるのはほんの一部の裕福な人たちだけだった。

 

ところが、大国の威厳を見せつけるためだけに

「クローン技術」の研究を進め、クローン人間を大量に生み出していたのだ。

 

ただでさえ格差が激しい世の中でクローン人間は生きていけない。

 

彼らにも教育を受けさせるのか、それとも殺してしまうのか…

首相は思い悩んだ末に答えを出した。

 

「缶詰工場だ。長持ちするしな。」

 

解説

缶詰工場で働かす訳ではない。

クローン人間たちを缶詰にし、食糧の足しにする。

 

5.呪いのビデオ

 

俺は、結構オカルトとかホラーとかの類が好きでさ、

ちょっと普通では手に入れられない裏ルートで「呪いのビデオ」をゲットしたんだ。

 

今さっそく観てるんだけど、なんか画質が荒くて

何が映ってるんだかもよく分からない。

低い音で唸り声?みたいなのがかすかに聞こえるような気がするけど。

 

そのまま続けてみていると、最後に文字が出てきた。

 

「うりいのりすおねあも」

 

動画はそこで終わった。

 

なんだこりゃ?

 

解説

「うりいのりすおねあも」をローマ字表記にすると、

「URIINORISUONEAMO」。

 

これを逆から読むと

「OMAENOUSIRONIIRU」=「おまえのうしろにいる」

 

さいごに

意味が分かると怖い話」いかがでしたでしょうか?
これからも、どんどん紹介していくので、下の一覧ページをブックマークしてくださいね!

 

 

もっと読みたい方はこちら

 

 

 
 コラムニスト情報
MI
MI
性別:女性  |   職業:ライター

コラムなど、執筆活動をしています。

美味しいものや、楽しいこと、楽しい場所をみんなに紹介するのが大好き。
Siriや都市伝説についても、たくさん執筆しています☺

 

 趣味のコラム