初心者でも簡単!プロが教えるデジタル一眼レフカメラの基本的な使い方(ミラーレスなどの種類・構え方・モードの選び方・記録メディアについて紹介)

執筆者: 安念 余志子 職業:写真家
はじめに

はじめまして。写真家の安念余志子です。


これから何回かに渡って「デジタル一眼レフカメラの基礎と応用」というテーマで、コラムを書いていきます。

また、私の取材中の出来事や、感じた事なども織り交ぜていきたいと思っておりますので、お気楽に読んでみて下さいね。

 

 

一眼レフとは

そもそも、一眼レフカメラとはどのようなものであるかご存知でしょうか。

 

一つのレンズ「一眼」とミラーの反射「レフレックス」を利用する方式を、一眼レフと呼んでいます。

シャッターボタンを押すと、ミラーが上に回転して、レンズからの光がセンサーへと進み、写真が撮影されます。

 

この方式が採用されているカメラを「一眼レフカメラ」、さらに、デジタル媒体(SDカードなど)に保存できる物を「デジタル一眼レフカメラ」と呼んでおります。

 

写真館へ行くと、三脚に付いた大きなカメラがあったと思います。

そしてそこに、黒い布を掛け、おもむろにルーペでピントを合わせているのを見たことがあると思います。

このようなカメラは、ミラーがないので画像がさかさまに見えていたのです。

 

現在は、コンパクトで手軽に持ち運べるお洒落な「ミラーレスカメラ」が人気です。

こちらも言葉の通り、ミラーがないカメラです。

しかし、昔のカメラのようにさかさまに写し出されるわけではありません。

一眼レフの光学式ファインダーの代わりに、電子ビューファインダーや液晶ディスプレイを通じて、像を確認する形式のレンズ交換式デジタルカメラなのです。


ミラーレスカメラは徐々に高性能になっております。

しかし、オートフォーカスの速度など、性能面で優れているのはやはり一眼レフカメラです。


それでは次に、デジタル一眼レフカメラを使って写真を撮る方法を紹介します。


 

一眼レフカメラの撮影方法
構え方

脇を締め、片足を一歩前においてしっかり構えてください。

カメラの持ち方

左手はレンズの下に手を入れ、ズーミングが出来るようにして下さい。

右手はシャッターボタンに指をかけておきます。


撮影する際は、ブレないように再度脇を締め、しっかり構えてください。

 

 

P(プログラム)で撮る

全オートのグリーンマークで撮影するのも良いですが、これでは露出補正(+-)の調整が出来ません。

自分で調整が出来る、P(プログラム)で撮るようにして下さい。

 

 

記録画質(きめの細かさ)はLにする

デジタルカメラの記録画質は、印刷や表示をする際の大きさに合わせて調節することが出来ます。

 

A5サイズ以下が最適なSから、A3サイズ以上の印刷が可能なLがあります。

良い写真が撮れて大きく伸ばしたい場合もあるので、Lに設定しておくことをお勧めします。

 

シャッターを押す

ピント合わせは、オートにして下さい。

最初は半押しにして、カメラがピっとなったら一気に押し込んで下さい。

記録メディアの種類

デジタルになる前はフィルムが使われていた記録媒体ですが、今はSDカードコンパクトフラッシュが一般的です。

両者は書き込み速度など、多少の違いがあります。両方使えるカメラも誕生しております。

自分が使いやすい媒体を選んで下さい。

 

フィルムと違い何度も使えるものなので、ぜひ良い物を購入しましょう。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。

一眼レフカメラの説明と、その撮影方法を紹介しました。

良い写真を撮ることにこだわるのであれば、やはり一眼レフです。

 

一眼レフで初めてシャッターを押した写真は、記念にとっておいて下さいね。

 
 コラムニスト情報
安念 余志子
性別:女性  |   職業:写真家

経歴:(社)日本写真家協会会員
実績:
2005年 第52回JPC全国展にて内閣総理大臣賞受賞
2008年 第15回前田真三賞受賞
2009年 キャノンギャラリー銀座・梅田にて写真展「心のスケッチ」
2010年 ミュゼふくおかカメラ館にて写真展「春はめぐりて」
2014年 リコーイメージングスクエア新宿にて写真展「光のどけき」
他個展多数開催
著書:「井波別院瑞泉の四季」「となみ野古寺愛歌」「春はめぐりて」

 

 写真・カメラのコラム