シンガポール市民の食を支える屋台「ホーカーセンター」の魅力に迫る!ラオ・パサ・フェスティバルマーケットで楽しむローカルフード

執筆者: 永柄 正智 職業:ロングステイアドバイザー
はじめに

こんにちは。ロングステイアドバイザーの永柄です。

海外で暮らすことの醍醐味の一つに、その国の料理を楽しむことがあります。


ご存じのとおり、シンガポールは多くの人種や国籍の人たちが共に暮らす多民族国家ですので、ここで食べられている料理の種類も実に多彩です。

そしてこの国では、これらの料理を誰もが気軽に楽しむことが出来る場所が、身近なところに存在しています。


特にシンガポールでは女性の社会進出が進んでおり、共働き世帯が多いため、外で食事をすることが一般的です。

中には3食すべて外食という人も決して珍しくはありません。

 

そういうシンガポールの人たちのお腹を満たしてくれているのが、「ホーカーセンター」と言われる場所です。

 

 

ホーカーセンターとは

「ホーカー」とは屋台のこと。

多くの屋台が一か所に集まっている場所が、ホーカーセンターと呼ばれています。


ホーカーセンターは、シンガポール市民の多くが生活している「HDB」と呼ばれる共同住宅に設置されていることが多いです。

食事が出来る場所であると共に地域コミュニティーの拠点ともなっていて、市民生活にはなくてはならない存在です。


しかしシンガポールには、市民の方だけではなく観光客の皆さんも気軽に楽しめるホーカーセンターが多数存在しています。

そのひとつをご紹介しましょう。

 

ラオ・パサ・フェスティバルマーケット

近代化な高層ビルが建ち並ぶシンガポールの金融の中心地「ラッフルズプレイス」
この街の一角に、観光客でも気軽に行けるホーカーセンター「ラオ・パサ・フェスティバルマーケット」があります。


大きな屋根の下に、たくさんのお店。

シンガポール料理の定番チキンライスから、インドカレー、サテーやスイーツなど、どれを注文しようかと迷ってしまうほどのお店の数と料理です。

 

 

平日のランチタイムになるとたくさんのビジネスマンやビジネスウーマンたちでごった返します。

さながら、お祭りの屋台のような雰囲気です。
ここはシンガポールに居ながらにして世界の料理を一度に味わうことができる場所ですので、特に観光客の方にお勧めです。

 

おわりに

シンガポールは人種や宗教の垣根を越えて、お互いの立場や意見を尊重し合うことによって発展を遂げてきた国です。

様々な国の料理が同じ場所で楽しめるホーカーセンターはこの国を象徴しているような存在なのかもしれません。

 

シンガポールにお越しの際は、ぜひホーカーセンターの雰囲気を味わってはいかがでしょうか。

 
 コラムニスト情報
永柄 正智
職業:ロングステイアドバイザー