日本の国民食「カレー」誕生秘話!レトルト発売はいつ?当時のレシピも紹介

皆が大好き「カレー」の歴史と由来を紹介。カレーといえば海軍ですが、日本には福沢諭吉が初めて紹介しました。レトルトや昔の作り方も紹介!

執筆者: すぎはらめあり 職業:料理研究家、米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスカウンセラー、フードアナリスト
はじめに

インドで誕生し、イギリスから日本にやってきた、今や日本の国民食となったカレー。

その歩みが一体どこからやってきたのか、探ってみましょう。

カレーは、インドの植民地化が進む時代に、イギリスへと持ち込まれました。

カレー粉がヨーロッパに紹介されたのは、1757年にあった「プラッシーの戦い(イギリス・フランス間の植民地を巡る戦いの1つ)」からです。

初代ベンガル総督になったイギリスのウォレンヘイスティングが、初めてカレーを紹介しています。


後に、イギリスのクロスアンドブラックウェル社(C&B社)が、世界で最初にカレー粉を商品化しました。

 

 

日本にカレーという言葉の出現したのは

カレーと言う言葉を日本で初めて紹介したのは福沢諭吉です。


1860年(江戸時代万延元年)、福沢諭吉が翻訳した辞書『増訂華英通語』の中に、カレー(curry)という語が登場しています。

 

日本初のカレーのレシピは

1872年(明治5年)に刊行された『西洋料理指南』が、カレーライスの調理法について紹介しています。

 

「カレー」の製法は葱一茎生姜半箇 蒜 少許を細末にし牛酪大匙一を以て煎り水一合五勺を加え 鶏海老鯛赤蛙等のものを入れ能く煮後にカレーの粉小一匙を入煮るー 西洋一字間己に熟したるとき塩に加え又小麦粉大匙二つを水に解きて入るべし

訳:
ねぎ一本、生姜半個、にんにく少しを、みじん切りにして、バター大さじ1で炒めて、水1合半を加えて、鶏、海老、牡蠣、蛙などを入れて煮て、カレー粉小さじ1を入れて、1時間煮たら、塩を加え、水で小麦粉大さじ2を溶いて入れる。

 

この他に、同じ年1872年(明治5年)『西洋料理通』でも、カレーの作り方が紹介されています。
当時は、西洋野菜の玉ねぎは普及されておらず、ねぎをカレーに使っていました。

 

日本初の西洋料理店のカレー登場!

日本人オーナーシェフの草野丈吉が、1863年に長崎でオープンした西洋料理店「良林亭(後の自由亭)」。

この自由亭のカレーも、小麦粉を入れて、とろみを付けた製法で作られていました。

 

その後、1893年(明治26年)の5月の『婦女雑誌』に、即席ライスカレイの作り方が書かれています。

その即席ライスカレイの作り方を指導したのが、京橋で江戸時代から続く和菓子の老舗「風月堂」の弟子、米津松造でした。

和菓子屋さんの弟子がカレーの作り方を指導したとは驚きですね。


この頃はまだ舶来のカレー粉は、西洋食料店でしか手に入りませんでした。

そして上流階級の食料品でした。

国産カレーの販売の歴史
  • 1903年(明治36年)

大阪の薬種問屋の「今村弥」(現ハチ食品)が国産のカレーを製造販売。
少し後に、東京神田の「一貫堂」でも1906年(明治39年)に「カレーライスのたね」 を発売しています。

 

  • 1914年(大正3年)

東京日本橋岡本商店から「ロンドン土産即席カレー」が発売。

 

  • 1926年(大正15年)

大阪の浦上商店(現ハウス食品)が「ホームカレー」を製造販売。

 

  • 1928年(昭和3年)

「即席ホームカレー」が「即席ハウスカレー」と呼ばれるようになる。

  • 1941年(昭和16年)

太平洋戦争が始まり、1945年(昭和20年)の終戦までの間、カレーの製造、販売は中止された。

  • 1950年(昭和25年)

エスビーが赤缶のカレー粉を発売。
同じ年、ベル食品より、日本初の固形ルウ「ベルカレールウ」が発売。

  • 1969年(昭和44年)

大阪の大塚食品から、日本初のレトルトカレー「ボンカレー」発売。

 

 

  • 1971年(昭和46年)

ハウス食品「ククレカレー」発売。

 

カレーパンの誕生
  • 1927年(昭和2年)

名花堂(現カトレア洋菓子店)が「洋食パン」を実用新案として登録。

後に「カレーパン」と呼ばれるようになる。

おわりに

週に一度は食べたくなる、日本独自の進化を遂げたカレーライス。
アメリカでは、寿司、うどん、ラーメンなどの日本食ブームの中で、カレーも人気な日本食の一つになっています。

 
 コラムニスト情報
すぎはらめあり
性別:女性  |   職業:料理研究家、米国代替医療協会認定ホリスティックヘルスカウンセラー、フードアナリスト

食べる事は笑う事、感じる事、生きる事、美味しくポジティブに食を楽しもう!
がコンセプトの料理研究家です。
皆様の健康、美容を考えたレシピを日々研究してます。
食に関するテーマと共に皆様とわかちあえたら素敵です!

『すぎはらめあり 食の世界』
ホームページ www.epac6.com
ブログ http://ameblo.jp/epac6/

 

 生活のコラム

 趣味のコラム