極上バブリーな女子会を♡「アメリカ流ガールズ・ブランチ」のパーティコーディネート

執筆者: ウリュウアキコ 職業:ニューヨーク在住のインテリアデザイナー
はじめに

前回のコラムではベイビーシャワーの素敵なパーティの様子をご紹介しましたが、女の子なら、特別な理由がなくてもお洒落に集まりたい!と思う方も多いはず。

 

そこで今回は、アメリカで人気のインテリア家具、ポッタリーバーンの記事を参考にしながら、女子力アップ、シンプルでお洒落なガールズブランチを開くコツをご紹介します。

画像はすべて「Mimoza &Monrow」からお借りしています。

 

食べ物・飲み物はテーブルの上にまとめて配置

Mimoza &Monrow(http://www.mimosaandmonroe.com/)


ホストはできるだけキッチンとテーブルの間を行ったりきたりしなくて済むように、テーブルの上に、食べ物、飲み物、お花などすべてまとめてディスプレイします。


また、テーブルの上に、色や高さ、ボリュームなどを計算してバランスよくアレンジメントすることで、テーブルの上が部屋のフォーカルポイントになるよう整えます。

 

フルーツとパン、そしてジャムだけで十分


朝はホストにとってはただでさえ忙しいので、ブランチの準備は思いっきり簡単にしましょう。
食べ物は、色とりどりの、食べやすく切り分けたフルーツ、クロワッサンなどのペイストリー、焼きたてのパンとジャム。これだけで十分です。

 

 

バブリーな会話には、バブルが必要

 

シャンパンまたはスパークリングワインを用意すれば、会話が華やかに盛り上がること間違いなしです。

冷たく冷やしておくために、ボトルはワイン入れに用意しておきましょう。

 

 

ドリンク・ディスペンサーをテーブルのセンターに置く

 

テーブルのセンターピースとして、ウォーターディスペンサーをテーブルの真ん中に置きます。

ボリュームがあって高さがあるので、テーブルの上にメリハリがつきます。

 

ただお水を入れておくのではなく、フルーツの輪切りを入れてカラフルにしましょう。

ここでは、オレンジの輪切りとミントを入れました。

また、スイカの輪切りやイチゴなどのベリー類も素敵!爽やかにテーブルの上を彩ります。

 

ピンクのフレッシュフラワーを飾る

 

ピンクのフラワー、とりわけ、牡丹や芍薬がゴージャスでラブリーです。

透明のジャーに入れたり、ゴールドの花瓶に入れて低めに活けましょう。

カラースキームはピンクxガラスxゴールドの組み合わせ

 

食器類はガラスを中心に、ゴールドがアクセント。

チェリーやスイカが入ったピンクのガラスの器はアンティークっぽくて可愛いですね。

 

おわりに

女友達をディナーにお招きするのも楽しいけれど、それより週末のお昼近くに招く方が、こんなにシンプルでお洒落なおもてなしが可能です。

 

女性にとっては、美容と健康を保つフルーツが沢山あるのでダイエット中の人にも嬉しいですし、甘みはジャムだけ、自分が好きなように調整できるのも有り難いですね。

 

見た目もカラフルでファッショナブル、おしゃれの話が尽きない午後になりそうです。

是非トライしてみてくださいね。

 コラムニスト情報
ウリュウアキコ
性別:女性  |   職業:ニューヨーク在住のインテリアデザイナー

1992年よりアメリカ在住。10年以上米系の建築事務所でインテリアデザイナーとして勤務の後、現在はフリーランスで仕事を掛け持ちしつつ、日本向けに海外のインテリアやライフスタイル情報を発信中。
ブログ http://interiorgirlsguide.com (インテリアガールズガイド)