秋冬アウターは何色が似合う?美人度がグッと上がるマイベーシックカラーの選び方 (1/2)

執筆者: 中井美香 職業:カラーリスト
はじめに

こんにちは。カラーリストの中井美香です。


そろそろ、秋冬のアウターが気になる季節になってきました。
アウターは、デザインだけでなく色もベストな物を選びたいものです。
色選びについては、流行も気になるところですが、今回は「似合う色」の観点から、どんな色を選べば良いのか、まとめてみたいと思います。 

 

 

ベーシックカラーとは

「自分に似合う色」というと、ついついピンク、オレンジ、青など、さし色になる色を想像しがちですが、こればかりではコーディネートが成り立ちません。
特にコート、ジャッケット、スーツなど、大きな面積を使うお洋服の場合は「ベーシックカラー」で「自分に似合う色」を知ることが重要です。

ベーシックカラーは、日本語でいうと「基調色」。
黒、グレー、ネイビー、ブラウン、ベージュなどがこれに当たります。
マイベーシックカラーを知るメリットは沢山ありますが、最も大きいのは、洋服の色選びがとても楽になるという事です。 

 

マイベーシックカラーの見付け方
ベーシックカラーにはグループがある

ベーシックカラーは、色の特徴から大きく2つのグループに分けることが出来ます。
一つは「黒・グレー・ネイビー系のグループ」、もう一つが「ブラウン・ベージュ系のグループ」です。


殆どの方は、どちらかが得意で、もう一方が苦手なグループです。
どちらのグループが似合うかについては、これまでの経験を思い出して頂いたり、あるいはお得意なアクセサリー・洋服・メイクの色を参考にしながら判断してみて下さい(下図参照)。 

 

 

グループから具体的に似合う色を見つけるには

例えば「黒・グレー・ネイビー系」でも、黒が似合う方と、ライトグレーで印象が良くなる方がいらっしゃいます。
これは似合う「明るさ」に違いがあるためです。
黒が似合う方は「暗い色」が、一方ライトグレーで印象が良くなる方は「明るい色」が似合う方なのです。


この様に「明るさ」を考慮に入れると、グループの中でも、似合う色をぐっと絞り込むことが出来ます。
似合う明るさは、それぞれの色をあてた時の、お顔の変化から予測することが出来ます(下図参照)。

 

 
 コラムニスト情報
中井美香
性別:女性  |   職業:カラーリスト

パーソナルカラー、骨格診断で、似合う色とデザインをご提案するカラーリストです。色の事、デザインの事、メイクの事を書いていきたいと思っています。

 

 ファッションのコラム