自分に似合う「ブラウン・ベージュ」の選び方。肌の色から見るお洋服コーディネート (1/2)

執筆者: 中井美香 職業:カラーリスト
はじめに

こんにちは。カラーリストの中井美香です。

 

冬にぴったりなベーシックカラーと言えば、ダッフルコートやムートンコートに多い「ブラウン」や、トレンチコートでよく見かける「ベージュ」です。

 

ただ、「ブラウン・ベージュ」と一括りにしても、店頭には様々な色味があり、どれを選べばいいのか迷う事も多いと思います。

そこで、今回は自分にぴったりの「ブラウン・ベージュ」の見つけ方をご紹介していきます。

 

似合うベージュ・ブラウンは人それぞれ

似合うブラウン・ベージュは、人により異なります。

基本的には、イエローベース(黄みの強い色がお得意な肌色)の方に似合う色ですが、その中でも得意・不得意は分かれます。

 

また、ブルーベース(青みの強い色がお得意な肌色)の方にとっては、苦手な色ではあるのですが、お似合いになる色もあるのです。

 

似合うブラウンの見つけ方
イエローベースのブラウン探しは、ここに気を付けて!

イエローベースの方は、ブラウンがお得意です。

ただ、明るい色が似合う方と、暗い色がお得意な方では、似合うブラウンが変わってきます。

明るさを間違えることで、途端に似合いにくくなるので、「明るさを間違えない事」が重要です。

 

  • イエローベースで明るい色がお得意な方に似合うブラウン

キャラメルブラウンやミルクチョコレートの様な「黄みやオレンジ」を感じる、明るいブラウンがおすすめです。

 

 

  • イエローベースで暗い色がお得意な方に似合うブラウン

ブラウンが最もお得意なタイプですが、明る過ぎる色は苦手感が出てくるので、注意が必要です。

ブラックチョコレートの様なダークブラウンや、コーヒーブラウンの様な「黄みやオレンジ」を感じる、暗めブラウンがおすすめです。

 

 

ブルーベースに似合うブラウン

ブルーベースの方は、「赤み」や「ピンク」を感じるブラウンがお似合いになります。

「明るさ」に注意して、お似合いになる色を選んで下さい。

 

  • ブルーベースで暗い色がお得意な方に似合うブラウン

ワインブラウンやブラックブラウンなど「赤みと暗さ」を感じるブラウンがおすすめです。

 

 

  • ブルーベースで明るい色がお得意な方に似合うブラウン

明るめのワインブラウンがおすすめ。また、濁り感がOKな方であれば、ココアブラウンやあずき色の様な、「ピンク」を感じるブラウンもお似合いです。

 

 

似合うベージュの見つけ方
イエローベースのベージュ探しは、ここに気を付けて!

「黄みやオレンジ」を感じるベージュがお得意です。ただ「濁り感」のある色が得意な方と、苦手な方では、お似合いになるベージュが異なります。

ここを間違うと、肌色がくすんで見えたり、疲れて見えたりと、違和感が出てきますので、ご注意ください。

 

  • イエローベースで濁りが苦手な方に似合うベージュ

ミルクティーベージュの様な濁りのないベージュがおすすめです。

 

  • イエローベースで濁りがお得意な方におすすめのベージュ

カーキベージュの様な、黄みが強くて濁ったベージュがおすすめです。

 

 コラムニスト情報
中井美香
性別:女性  |   職業:カラーリスト

パーソナルカラー、骨格診断で、似合う色とデザインをご提案するカラーリストです。色の事、デザインの事、メイクの事を書いていきたいと思っています。