結婚式・披露宴で一番似合うドレスは何色?パーソナルカラーで見る服装とアクセサリーの選び方 (1/2)

執筆者: 安田 紀子 職業:カラーコーディネーター・カラーセラピスト・パワーストーンセラピスト
はじめに

こんにちは。カラーコーディネーターの安田紀子です。

結婚式へ出席するとき、ドレスの色に悩むことはありませんか?

主役の新郎新婦を引き立てつつ、ご自身のファッションも楽しみたいゲストの方も多いのではないでしょうか。


今回は、そんな結婚式での装いの色選びについてお話しさせていただきます。

 

白の小物はNG?

白がNGということは有名ですね。
もちろん、花嫁さんと被ってしまうためですが、意外と知られていないのが小物の白に関する扱いです。


結論から言うと、小物の白は構いません。

ですが、気を付けなければならないのが、ボレロやストールなどの小物が白だった場合です。

 

上半身をほぼ覆ってしまうこのような上着や小物は、座った時に白しか見えなくなってしまいます。

披露宴では座っていることがほとんどですから、あとからできあがった写真を見ても、まるで白い装いをしているかのように写ってしまいます。

 

黒のドレス、フォーマルだけれど…

結婚式でよく見かけるのが黒いドレスです。

黒はフォーマルなイメージの色ですから、無難に黒を選んでおくという方も多いようです。

確かに黒は無難ですし上品な装いを作りやすい色ですが、せっかくのおめでたい席です。

 

男性陣の装いに黒が多いこともありますし、女性のゲストドレスには、ぜひ明るい色を選んでいただきたいと思います。

 


では、パーソナルカラーのタイプ別に、どのような色のゲストドレスを選ぶと良いのか具体的に見ていくことにしましょう。

 

ゲストドレスの色の選び方
スプリングタイプ

 

明るいオレンジや黄緑のドレスでキラキラ感を。

キュートで若々しい印象が特徴のタイプですので、ドレスの丈もロングよりは膝丈くらいのほうが似合います。

少し子供っぽいかな、というくらいのデザインでも可愛らしい着こなしができます。

 


アクセサリーはゴールド系の小さめのものがお勧めです。

サマータイプ

 

エレガントな印象のラベンダーやペールブルーで優しい印象を。

シフォンやオーガンジーなどの透け感のあるフワッとしたドレスで、女性らしさをアップさせます。

 

 

お色直しの色ドレスにもよく使われる色が多いので、丈を少し短めにする、ストールを羽織るなど花嫁さんと被らないようなデザインになるよう気をつけましょう。

アクセサリーはパールが使われているものがお勧めです。

 

 コラムニスト情報
安田 紀子
現在地:神奈川県川崎市  |   職業:カラーコーディネーター・カラーセラピスト・パワーストーンセラピスト

川崎市でカラーサロン「nrk color circle」を営んでおります、安田紀子です。
4シーズンを細分化したパーソナルカラー10タイプ分類を対面診断、写真診断で行っています。カラーセラピストとしての知識も活かし、似合う色プラス効果的な色の使いかたをお伝えしています。
TEL:080-1177-9439 
〒216-0004 川崎市宮前区鷺沼1-11-14 鷺沼パレス906
HP:http://nrkcolor.com/

・日本色彩学会正会員
・色彩検定1級/後任カラーデザイナー
・東商カラーコーディネーター検定1級(第2分野)
・カラーセラピスト
・パワーストーンセラピスト