ネイビー(紺色)ファッションに挑戦!私に似合うベーシックカラーの選び方

執筆者: 中井美香 職業:カラーリスト
ネイビーは「外せないベーシックカラー」

こんにちは。カラーリストの中井美香です。

 

ネイビーのジャケットを着ると、真面目で信頼できる印象が加わります。

そのため、商談やプレゼンなどの「ビジネスシーン」や、年上の人にお会いする様な「プライベートシーン」でも、大切な場面には「外せない色」なのです。

 

加えて、今年の秋冬のトレンドカラーでもある「ネイビー」。

ぜひともワードローブに1着は揃えておきたい色ですね。

 


ただこの「ネイビー」、青みが強い色のため、ブルーベース(の色が似合う人)だけの色と誤解されがちですが、実際はそうではありません。

色味を吟味すれば、幅広い人に似合ってしまう色なのです。

ネイビーが得意な人と苦手な人

その人の持つボディカラー(肌・瞳・髪色)から見た似合う色を「パーソナルカラー」と言います。これは、似合う色を「ブルーベース」か「イエローベース」かに分けるだけでなく、更に一歩すすめて、得意な「明るさ・鮮やかさ」を考慮して、4グループに分けたものです。
ネイビーの場合は、この4分類のパーソナルカラータイプ別に見てくと、探すべき色が明快に分かります。

 

そこで、今回は、パーソナルカラーの考えに従って、似合うネイビーの選び方をご紹介していきます。


ブルーベースの人に似合うネイビー

ブルーベースの人は、「ネイビーが得意」です。比較的どんな色でも似合ってしまうのですが、
それでも突き詰めると、一番似合う色味があります。

 

ウィンタータイプ(ブルーベースで暗く鮮やかな色が似合う人)

暗く濃いネイビーや、青みが強くてはっきりしたネイビーを探して下さい。 

お顔の印象がはっきりされて、存在感が増します。
似合う色は「ネイビーブルー」「ミッドナイトネイビー」等です。

 

 

サマータイプ(ブルーベースでソフトな色が似合う人)

紫がかったネイビーやグレイッシュなネイビーを探してください。
印象がエレガントになり、爽やかでソフトな魅力が引き立ちます
似合う色は「ネイビーブルー」「パープルネイビー」「ソフトネイビー」等です。

 

 

イエローベースの人に似合うネイビー

イエローベースの人には敬遠されがちなネイビーですが、「明るさ」や「黄み」を感じるものを選んで頂くと、苦手感が緩和され、お似合いの色が見つかります。

パーソナルカラー別に見ていくと、以下の通りとなります。

 

スプリングタイプ(イエローベースで明るい色が似合う人)

明るくてクリアなネイビーを探してみて下さい。キュートで爽やかな印象になります。
似合う色は「ライトネイビー」「マリンブルー」等です。

 

 

オータムタイプ(イエローベースで深い色が似合う人)

黄みというよりは、そこに更に深さを加えた「緑み」を感じるネイビーを探してみて下さい。

お肌に滑らかさが出て、知的な印象が強まります。

似合う色は「鉄紺」「ティールブルー」等です。

 

 

さいごに

ネイビーの色味はとても幅が広いものです。

これまでネイビーが定番だった方も、苦手だと敬遠されていた方も、「色味の違い」に視点を置いて、ご自身にぴったり合うネイビーを探して下さい。


極めると、ワードローブの幅が広がる色。それがネイビーです。

上手に取り入れて下さいね。

 

 コラムニスト情報
中井美香
性別:女性  |   職業:カラーリスト

パーソナルカラー、骨格診断で、似合う色とデザインをご提案するカラーリストです。色の事、デザインの事、メイクの事を書いていきたいと思っています。