余った木材でリメイク家具DIY。アンティーク風・手作りウッドチェアの作り方 (1/2)

執筆者: mariko*
はじめに

DIYをすると必ず出てくるのが端材です。
その端材を、DIYやリメイクによって生まれ変わらせてみませんか?

今回はそんなリサイクル雑貨をご紹介したいと思います。

 

 

キッズチェアを作ることに

今回は幅の狭い端材が余っていたので、キッズチェアを制作しました。

 

愛用しているDIY道具

 

脚と座面、座面の下の補強に使います。

 

作り方
土台を作る

 

1番短い端材を基準に座面の下の土台を作ります。
端材をのこぎりでカットし、木工ボンドで接着します。

 

前脚を木工ボンドで接着し固定させる

 

後ろの脚はボンドを使わずにネジ釘で固定

 

固定する前に前脚と同じ長さになるように印をつけておきます。
ネジ釘を差し込む前に穴を開けてからネジ釘を差し込むとスムーズに固定できます。


ボンドを使用していないのでグラつきがありますが、後で補強をつけるのでグラつきは収まります。

土台が完成

 

座面の板を並べて釘で打っていく

 

今回は薄い木材を使用したので釘で十分ですが、太い木材を使用する場合はネジ釘で固定します。

 

補強に使う端材

 
 コラムニスト情報
mariko*
性別:女性  |  

はじめまして。
愛猫と一人暮らしをしてからインテリア、DIY、リメイクに興味を持ちました。
ホワイトインテリアに合うテーブルや棚等を自分で作って毎日を楽しんでおります。

木工雑貨、シェルフ、布雑貨等もtetoteにて販売しております。

木工雑貨販売先(tetote)
https://tetote-market.jp/creator/petitsbonheurs/

ブログ(Petit Bonheur)
http://naturalzakkasoeur.blog.fc2.com/

 

 インテリアのコラム

 趣味のコラム