ハガキや封筒の宛名を綺麗に見せる、書き方のポイント

執筆者: 書道講師 きみこ 職業:書道・ペン字講師
はじめに

こんにちは、書道講師のきみこです。

今回も、字に自信がない人でも書いてみたくなる「ちょっとしたコツで日常の字が綺麗になるポイント」をご紹介しますね。

第5回目のテーマは「美しく見える年賀状・ハガキ・封筒の宛名の書き方」です。

 

 

宛名は郵便物の顔

年賀状やお礼状、そして取引先宛に送る封筒など、日常で郵便物を送るときに必ず「宛名」を書きます。

宛名には、アラビア数字の郵便番号や相手の住所・名前など、大切な情報が記載されている「郵便物の顔」でもあります。


「宛名を書くといつもバランスが悪く感じる」「住所を2列で書くとき、どこで区切ったら良いか分からない」など、疑問に感じることはありませんか?
「バランスの良い宛名が書ける」ポイントをまとめてみました。 

 

住所は郵便番号より内側に書くと宛名は綺麗なバランスになる

まず住所ですが、郵便番号の一番右枠よりも内側に書くと良いでしょう。

郵便番号枠よりも外側に書いてしまうと、余白がなくなり、全体のバランスが悪くなってしまいます。

 

また、住所が長くて一列に収まらない場合は、「番地」または「ビル・マンション名」から2列目に書くと良いでしょう。

このとき、ビル・マンション名は、住所の文字よりひと回り小さい文字で、住所より少し下げて書きます。 

 

都道府県名を省略しても良いのでしょうか?

宛名の住所を書くとき、「都道府県名」を省略する方が良くいらっしゃいます。

この場合、同じ都道府県内の宛先に送る場合はOKです。

 

ただし他都道府県に送る場合、特に目上の人や取引先の企業が相手のときは、必ず都道府県名を書きましょう。

住所を省略してしまうと、失礼な印象を与えかねませんので、気をつけましょうね。 

 

宛名は住所より大きい文字で、敬称は住所より下に

住所を書いた後、宛名(相手の名前)を書きます。

このときに気を付けたいのが、「文字の大きさ」と「位置」です。


宛名は、住所よりも大きい文字で、敬称(様・御中)は、住所の一番下の文字よりも下にくるように書きましょう。


宛名(相手の名前)が、ハガキや封筒の中央に来るのが一番ベストです。

しかし、住所を大きく書き過ぎて、真ん中に来ない場合もありますよね。

そんなときは、まず宛名(相手の名前)を真ん中に書いて、その後空いたスペースにバランス良く住所を書くと良いでしょう。 

 

 

おわりに

美しく見えるハガキ・封筒の宛名を書くポイントは、「文字の大きさ・書く位置」です。

少し気を付けるだけでもバランスが良くなります。


気持ち良く手紙を受け取ってもらえるように、心を込めて書きましょうね。

 
 コラムニスト情報
書道講師 きみこ
職業:書道・ペン字講師

はじめまして。書道講師のきみこと申します。

東京(表参道)で、書道・ペン字教室を主宰しています。
好きなときに手ぶらで通える、1回完結型の単発レッスンを月に7~10回ペースで開催。
平日(月~金)&土日祝、時間は昼・夜と多数レッスンしています。

ぜひ、お気軽に遊びにいらしてくださいね。

レッスン開催スケジュールやお教室の雰囲気はブログをご覧下さい。
http://ameblo.jp/pen-2014/