貯金はお金を貯めるだけじゃない!貯蓄の知られざる隠れメリット3選

執筆者: 高橋 加奈子 職業:ファイナンシャルプランナー
はじめに

こんにちは、ファイナンシャルプランナー高橋加奈子です。


前回は、貯蓄の3つのメリットについてお話をしました。

しかし、貯蓄には、貯蓄をした人にしか分からない、知られざるメリットもあるのです。


今日は、そんな隠れメリット3つをご紹介したいと思います。

 

隠れメリット1 行動力が上がる

貯蓄が増えてくると、物事を始めることに躊躇がなくなります。

本当にやりたいと思ったことが発生した際、出費を考えて「やはり止めようかな」と思わなくなるのです。

傍から見ると、行動力が上がったと思われるでしょう。


貯蓄は時間を要するので、人によっては行動にブレーキがかかった状態に感じるかもしれませんが、それは一時の我慢です。

ある一定を超えてくると、自分への投資や、実際の投資をすることに躊躇なくアクセルが踏めるようになります。


 

そして、お金について考えることから少し自由になれます。

ちなみに、自由になるとは、お金主体ではなく自分主体で物事を考えられるようになること。

貯蓄が増えれば、そのことが実感できるはずです。

 

隠れメリット2 経済知識が増え、貯蓄が加速度的に進む

貯蓄をしていると、金融機関から、セミナーやマーケット情報などの魅力的なキャンペーン案内やDM、メールマガジンが届くこともあります。

そこで貯蓄欲求が刺激され、ますます貯蓄したくなるでしょう。


また、まとまった資金があると、安全性の高い資産から、少し収益性の高い投資商品へと資金を移行することができます。

その過程で、マーケットの知識や経済知識が頭の中にインプットされるのです。

そして、良い波が来た時には、その波を上手に使って、貯蓄を今までのスピード以上に増やしていくことができるのです。

 

 

隠れメリット3 リカバリー力がつく

出費が増えてしまった場合も、貯蓄があれば元に戻すのも早くなります。


例えば、10万円しか貯蓄がなかった人が10万円を失うと0になり、そこから復活するためには、また1から始めなくてはなりません。

しかし、100万円貯蓄した人が10万円を失っても、残りの90万円を原資にしてまた増やすことができます。

 

一見、失敗と思えるような経験も、きちんと頭に刻み込んで学習していれば大丈夫。

過去の経験も、リカバリー力が上がる1つの要因となるのです。

 

おわりに

この隠れメリット3つは、貯蓄をすればするほど実感するようになります。

このメリットを享受できるようになるまで、ぜひ頑張って貯蓄を続けて下さいね。

 
 コラムニスト情報
高橋 加奈子
性別:女性  |   職業:ファイナンシャルプランナー

みなさんこんにちは。くしろ在住のファイナンシャルプランナー高橋加奈子です。現在、くしろにてライフプランニング教室を主催しております。
「家計からHAPPYに!」をモットーに、皆様の生活に彩りを添えられるようなマネーライフプランニングを提案しいていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 このコラムニストが書いた他のコラムを読む
 

 お金・資産運用のコラム