妊娠中から習うベビーマッサージ。母体と赤ちゃんへの胎教効果

執筆者: 森下湖乃美 職業:ネームコンサルト・デザイナー/ベビーセラピスト養成トレーナー/トイレトレーニングアドバイザー
はじめに

こんにちは、ベビーセラピストのplus happy森下湖乃美です。


今回は、妊娠中のベビーマッサージ習得のメリットについてご紹介します。

 

妊娠中からベビーマッサージを習得するメリットとは
妊娠中のベビーマッサージレッスンは良い胎教教室でもある

胎児は、ママのお腹の中で日々成長し、絆も日々強くなります。

 

産まれてくる赤ちゃんを思い浮かべ語りかけながら行うことで、産まれてくるのを楽しみに待っている気持ちが伝わります。

それがとても良い胎教になります。

 

またグループレッスンに参加することにより、先輩ママ方の育児の様子やアドバイスも聞くこともでき、出産や産後始まる育児への不安も解消することができるでしょう。


 

産まれたら、すぐ活用することができる 

多くの場合、生後2か月頃からお外へ出かけるようになります。

 

ベビーマッサージ教室の募集も、生後2か月からがほとんどです。

またママの産褥期は思うようにお出かけすることができません。

 

しかし、赤ちゃんの本格的なお世話は産まれた時から始まります。

出産前に学んでおくことで、夜泣きや、ぐずり(たそがれ泣きなど)、病気予防などのベビーマッサージをすぐに活用することができます。

 

 

また、赤ちゃんとの授乳以外のコミュニケーションも取る事ができます。

 

そして産まれてすぐからマッサージをすることで、脳下垂体後葉から分泌されるオキシトシン(別名愛情ホルモン)の効果により、母乳の出が良くなります。

 

おわりに 

産後の慌ただしい育児に備えて、時間がゆったりあるうちにベビーマッサージを習うことができるのも一つのメリットです。


妊娠中はベビーマッサージの手技をしっかり覚えて、産後は手技の復習とお友達作りを兼ねて教室に通うというのも良い方法ですね。

 
 コラムニスト情報
森下湖乃美
性別:女性  |   職業:ネームコンサルト・デザイナー/ベビーセラピスト養成トレーナー/トイレトレーニングアドバイザー

JCCRA認定の東洋式ベビータッチ同じくJCCRA認定トイレトレーニングアドバイザーとしてお教室開催&出張レッスンをしています。また以前からの姓名判断の開業免許を活かした赤ちゃん命名講座等を行っています。
私自身も現役ママ。たくさんのママたちとともに子育ての悩み・喜び等共感しあいながらお教室を運営しています。また社会復帰したいママも応援しています!
将来の世界を担う大切な赤ちゃんたちが健康で強運を持って誕生するように姓名判断でお手伝いを、そして東洋式ベビータッチとトイレトレーニング講座で赤ちゃんの心身共に健やかな成長と家族が少しでも楽しい育児に繋がるお手伝いができればと思います♡

 

 育児・子育てのコラム

 妊娠・出産のコラム